PR

L85A1/A2ライフルのエキストラクター変更点とは?

HB-PLAZA 入門者にやさしい実銃解説 フォーラム FAQ回答掲示板(休止中) L85A1/A2ライフルのエキストラクター変更点とは?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより7年、 1ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #43608
    ポルポル
    キーマスター

    ネットでは弾の出る鈍器と悪名高いL85ですが、H&Kによる大規模改修の一項として「エキストラクターネイルの追加」という処置を受けたとの記事を目にしました。
    エキストラクターはもともと爪状の部品なので、まさか改修前はリムに噛み込む部分が無かったとは思えず、具体的にどのような変更が施され、どのような効果が期待されたのか、教えていただければ幸いです。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    具体的には、エキストラクターの「面積」が追加されました。
    従来のエキストラクターよりも幅が広く、厚みも肉厚となり、リムと接する部分の面積が広くなったことで薬室からの排莢/脱砲をより確実にしています。

    銃の画像
    L85A1のボルトフェイスとエキストラクター

    銃の画像
    改修されたL85A2のボルトフェイスとエキストラクター

    銃の画像
    改修されたエキストラクターの側面には、「HK A2」の刻印があります。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。