FBIが採用したカスタム1911について

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 FBIが採用したカスタム1911について

  • このトピックには6件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2ヶ月前に更新されました。
7件の投稿を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #76565返信
    Mr.Smith
    ゲスト

    ポルさん、お久しぶりです。ここのところ寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?風邪を引きやすい季節なので、体調を崩さぬようお気を付け下さい。
    さて、ポルさんに質問したいことがあります。少し前にウエスタン アームズからWA HRTスペシャルというモデルが発売されましたが、このモデルとなったのはFBI HRTに採用された、パラオーディナンス製フレームを装備したレスベアカスタムの1911のようです。
    しかしウエスタン アームズの公式サイトには、「その過酷なトライアルを通過しながらも高精度なカスタムモデルであるという生産上の事情から、わずか70数丁のみの納品に留まり、それゆえ幻のFBIスペシャルとも言われました。」と書いてあり、事実その後にスプリングフィールドのカスタム1911がFBIに採用されています。
    何故FBIの過酷なトライアルを通過したレスベアカスタムの1911が正式に納入されず、スプリングフィールドのカスタム1911に変わってしまったのか、ポルさんは詳しい理由をご存知でしょうか?
    そして恐らくこれはトライアルをやり直していると思うのですが、そこまでする大きな理由があったのでしょうか?
    またとあるサイトに、「その後採用されたスプリングフィールドのモデルにはファイアリングピンセイフティは装備されていない」との記述があったのですが、これは本当でしょうか?M1911系の銃でこれは危険だと思うのですが、どうなんでしょうか?
    後々納入されたモデルにはこの機構が追加されていたりするのでしょうか?
    質問が多くなってしまい申し訳ないのですが、回答を頂けるとありがたいです。よろしくお願い致します。

    WA HRTスペシャル

    #76573返信
    ポルポル
    キーマスター

    1994年にFBIがブローニングハイパワーの代替にダブルスタックのハイキャパシティー1911ピストルを求めた際、スプリングフィールドアーモリー社、ウィルソンコンバット社、シリンダー&スライド社、レスベア社、コルト社などがトライアルに参加しました。
    そして、レスベア社が提出したパラオードナンスP14-45のフレームを使用したレスベアSRP(スウィフト・リスポンス・ピストル)が採用されることになります。

    しかし、レスベアSRPはマガジン不良の問題を抱えており、また同時にレスベア社でSRPを担当していたガンスミスのマット・ギッシュが独立しプロフェッショナル・ガンスミシング社を設立したことでレスベア社による改善や製造が困難となり、250丁のオーダーのうち75丁を納品した時点で契約がキャンセルされました。

    そしてFBIはダブルスタックにこだわった要求内容を変更し、より信頼性の高いシングルスタック・マガジンの1911ピストルを採用することとなり、最終的にトライアルをパスしたスプリングフィールドアーモリー社と、マット・ギッシュによるプロフェッショナル・ガンスミシング社の1911ピストルのうち、年間500丁を製造する生産能力があるという点が評価されて1998年にスプリングフィールドアーモリー社の1911ピストルが採用に至りました。

    それでもウィルソンコンバット社のマガジンを使用していたスプリングフィールドアーモリー社の1911ピストルには問題がありましたが、マガジンをメタルフォーム社製に変更することで解決し、スプリングフィールドアーモリー社との契約が継続されることとなったという背景があります。
    高性能なピストルを1丁製造することは難しくありませんが、それを大量生産することは難しく、様々な問題が生じやすくなると言えます。

    >ファイアリングピンセイフティは装備されていないとの記述があったのですが、これは本当でしょうか?

    本当です。
    軽量なチタン合金製ファイアリングピンを使用することで、銃を落下させてもファイアリングピンの自重で撃発しない安全性を保っています。
    近年のカスタム1911ピストルでは、ファイアリングピン・ブロック・セイフティを排除する代わりに軽量ファイアリングピンが使用されることが多くなっています。

    #76593返信
    Mr.Smith
    ゲスト

    ポルさん、回答ありがとうございます。
    なるほど。そんな複雑な理由があったのですね。
    早速質問があるのですが、ウィルソンコンバット社のマガジンを使用するとどのような問題が発生したのでしょうか?

    また、こちらのURLのサイトに掲載されているBUREAU MODELは実銃でしょうか?だとすると、FBIにのみ納入されているモデルが何故民間に出回っているのでしょうか?
    後はサイトの写真を見ると、マズルの部分がブラックになっているように思えますが、ガスガンなどだとシルバーになっている物もあるようで、実銃だと納入時期によって固体差があるのでしょうか?
    またよろしくお願い致します。

    #76594返信
    Mr.Smith
    ゲスト

    https://oceancustomtactical.militaryblog.jp/e852287.html
    すいません。こちらのサイトです。

    #76608返信
    ポルポル
    キーマスター

    >ウィルソンコンバット社のマガジンを使用するとどのような問題が発生したのでしょうか?

    詳細不明ですが、メタルフォームのマガジンはウィルソンコンバットより強いマガジンスプリング(ウルフ社製)を使用しているため、フィーディングジャムやホールドオープンの不良が発生していたのではないかと推測します。

    >こちらのURLのサイトに掲載されているBUREAU MODELは実銃でしょうか?

    実銃だと思います。

    >FBIにのみ納入されているモデルが何故民間に出回っているのでしょうか?

    FBI HRTの1911ピストルは「BUREAU MODEL」の刻印と、シリアルナンバーの最初の3文字が「FBI」で始まる刻印があり、これは民間人からの注文でも同じものが販売されていました。
    しかし、「BUREAU MODEL」と刻印された銃が民間人の手に渡ることに対してFBIが難色を示し、それ以降民間向けは「PROFESSIONAL MODEL」 の刻印と、「CRG(クリティカルインシデント・リスポンス・グループ)」の3文字で始まるシリアルナンバーに変更されました。
    民間市場に流通したBUREAU MODELは計258丁存在し、相場は100~200万円のプレミア価格となっています。

    >実銃だと納入時期によって固体差があるのでしょうか?

    恐らくそうだと思います。
    ステンレスとブラックTコーティングの二種類が存在します。

    #76676返信
    Mr.Smith
    ゲスト

    ポルさん、回答ありがとうございます。度々質問を返すようで申し訳ないのですが、また質問させて下さい。

    コルト 1911A1 ガバメント 実銃レビュー Part2

    YouTubeのこちらの動画のコメント欄にて、投稿主の方が、『スプリングフィールドのFBI (恐らくBUREAU MODEL) は、「スプリングフィールドアーモリー」という名称だけ国から買い取った、銃を自社設計/生産しない商社が、アメリカ国内で組み立てている (パーツは依然ブラジル製らしいですが) 数少ない銃ですから』と言っているのですが、これは本当でしょうか?
    BUREAU MODELは色々なメーカーのカスタムパーツが惜しみなく使われている銃だと思うのですが、これに使われているパーツは全てブラジル製なのでしょうか?だとするとあまり品質の良いイメージがしないのですが…

    また、『スプリングフィールドアーモリーは、海外メーカーの銃のロゴを変えて大量に買い入れて売り捌いているディスカウント商社で、販売以外は元メーカーに丸投げしている』とも投稿主の方は言っているのですが、これも本当でしょうか?
    日本ではスプリングフィールドアーモリーの銃は評判が良い気がするので、意外に思いました。
    回答よろしくお願い致します。

    #76679返信
    ポルポル
    キーマスター

    混乱しやすいところですが、M14やM1ガーランドを製造していたスプリングフィールドアーモリー(マサチューセッツ州)と、現在のスプリングフィールドアーモリー社(イリノイ州)は直接関係がありません。
    そして現在のスプリングフィールドアーモリー社で製造されている1911ピストルは全てブラジルのIMBELから輸入したパーツが使用されています。

    スプリングフィールドアーモリー社の1911ピストルにはアメリカ製とブラジル製があり、完成品が100%とした場合、製造工程が50%以下のパーツがアメリカに輸入されてアメリカ国内で加工、組立て、表面処理、フィッティングなどが行われるとそれはアメリカ製となり、「MADE IN USA」の刻印が入ります。一方、50%以上の工程をブラジルのIMBELで終えたものはブラジル製となり「MADE IN BRAZIL」の刻印がフレームに入っています。(IMBELの刻印はダストカバーにあります)
    いずれにしても元の素材はブラジル製ですが、殆どの工程をどちらで終えたかによって製造国が変わります。

    しかし、スプリングフィールドアーモリー・カスタム・ショップによるFBIモデルは全く別です。
    これはオーバーサイズのパーツをガンスミスが切削して高精度でフィッティングしているため、完成したパーツを組み立てるだけの大量生産品とは精度や質が異なります。

    >『スプリングフィールドアーモリーは、海外メーカーの銃のロゴを変えて大量に買い入れて売り捌いているディスカウント商社で、販売以外は元メーカーに丸投げしている』

    輸入した製品を自社ブランドで販売したり、海外製パーツを輸入して自社で組み立てていますが、「丸投げ」は言い過ぎだと思います。
    殆どの工程をブラジルで終えた1911ピストルもスプリングフィールドアーモリー社の工場を通して検品やフィッティングを行っていますし、カスタマーサービスも行っています。
    それに品質もコルトやキンバーと比較して遜色ありませんし、比較対象次第ではアメリカ製よりブラジル製の方が品質が良い場合もあります。

7件の投稿を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)
返信先: FBIが採用したカスタム1911について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました