黒色火薬と無煙火薬の違い

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話 フォーラム 実銃掲示板 黒色火薬と無煙火薬の違い

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより6ヶ月、 1週前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #98737返信
    ジャーマンポテト
    ゲスト

    黒色火薬と無煙火薬の違い
    特になぜ無煙火薬の登場によって初速を向上させることが出来たのかを教えてください。

    #98738返信
    ポルポル
    キーマスター

    黒色火薬は硝石、硫黄、木炭の混合物です。
    一方、無煙火薬はセルロースを硝酸と硫酸で処理し製造されたニトロセルロースが主成分として使用されています。
    ニトロセルロースは激しく燃焼し高温高圧のガスを大量に発生させる性質があり、無煙火薬は黒色火薬の約3倍のパワーを得られます。
    そのため弾薬と銃のコンパクト化、または弾速向上による射程距離の延長といった効果が得られます。

    1845年にドイツの化学者クリスチアン・シェーンバインが実験中、テーブルにこぼした硝酸と硫酸をエプロンで拭き取りストーブの上で乾かしたところ、激しく燃え上がったことでニトロセルロースが偶然発見されました。

    当初無煙火薬は爆薬として製造され、銃の装薬としては高温高圧のガスにより銃の製品寿命が極端に短くなるなど問題が多く、大砲に使用可能でも銃には使用不可能だと考えられていました。

    しかし時代と共にヨーロッパ各国で改良が続けられ、無煙火薬の安定化が可能になったことで高温や高圧をコントロールし銃に使用可能な装薬として完成しています。

    関連記事:弾薬の構造:銃弾はどんな構造でどうやって発射されるのか?

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 黒色火薬と無煙火薬の違い
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました