非回転式ローラーロッキングの効果とは?

ホーム フォーラム FAQ回答掲示板 非回転式ローラーロッキングの効果とは?

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 ヶ月前 ポル さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #63982

    ポル
    キーマスター

    ローラーロッキングディレイドブローバックには、ロッキングローラーが回転するタイプと回転しないタイプがあると聞いたのですが、それぞれどういった特徴があってどういう銃に採用されるのでしょうか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    H&K G3の様に、一般的なローラーディレードブローバックでは回転するローラーによって薬室の開放を遅らせますが、ローラーが回転すると射撃毎にローラーに加わる圧力の接触面が異なるため、左右のローラーで接触面の摩耗に差が生じやすくなります。

    一方、H&K PSG-1では非回転式ローラーを採用することで射撃毎のローラーの接触面が一定となり、摩耗の差が生じにくくなるため耐久性や作動の信頼性が向上しています。

    しかしこれはある意味過剰な仕様で、一般的に非回転式ローラーは必要とされていません。

    関連記事:フルート付き薬室で薬莢が凸凹になる理由とは?

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

フォーラム「FAQ回答掲示板」への新規トピック・返信追加は締め切られています。