PR

銃弾の速度と重量の割合

  • このトピックには4件の返信、2人の参加者があり、最後にハヌマにより1年、 1ヶ月前に更新されました。
5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #103030
    ハヌマ
    ゲスト

    いつもお世話になっております。
    今回お聞きしたいのは銃弾の速度と重量の割合についてです。

    銃弾のエナジーは弾速と弾頭重量で決まりますよね。
    同じエナジーでも様々な弾速と弾頭重量の組み合わせがあります。

    極端な話、10トンの弾頭が時速10メートルで移動したらそのエナジーは凄いですが
    人体に対する殺傷能力は在りませんよね(壁などが後ろにあって後退できない場合以外)。

    対人用の銃弾の速度と重量の割合にベストな数値はあるのでしょうか?
    よろしくお願いします。

    #103031
    ポルポル
    キーマスター

    用途や目標とするパフォーマンスをどこに設定するかによって異なるため一概に言えませんが、現在市場に広く流通している弾薬で中間位置にある弾頭重量の弾頭は大抵の用途に対応可能です。

    例えば、ある弾薬の弾頭重量バリエーションに100グレインから200グレインまであるとしたら、150グレイン弾頭は用途を問わずパフォーマンスが高い傾向があります。

    長距離射撃の場合は空気抵抗による減速を抑えるために弾速を犠牲にしてでも弾頭重量が重くBC(弾道係数)の高い弾頭が必要になりますが、中距離以下では弾速を優先した方が良い場合があります。

    また弾頭の設計についても弾速や弾頭重量のバランスが考慮されているため、弾速が速すぎても着弾時にバラバラに飛散することでパフォーマンスが低下したり、弾頭重量を増量しても弾速低下によって弾頭の拡張が不十分になる場合があります。

    ですが技術向上によって高速でもフラグメンテーションが起きにくい弾頭や、低速でも拡張しやすい弾頭が開発されるようになったため、必要な弾速や弾頭重量の条件は昔と比べると緩和されているといえます。

    拳銃弾で対人用としてホローポイント弾を使用する場合は、ある程度の弾頭重量が無ければ慣性力による貫通力を得られないため、やや重い弾頭重量が推奨されます。

    現実的には自動車のドアやガラスを貫通させたり、致命傷となる部位まで弾頭を到達させる必要があり、これには軽量高速弾よりも、ある程度の弾頭重量が必要です。

    ただし、着弾時の横転(タンブリング)による効果を狙った弾薬は高速である必要があるため、各弾薬のベストパフォーマンスは弾頭の設計によっても異なります。

    #103032
    ハヌマ
    ゲスト

    詳細な説明、ありがとうございます。

    #103033
    蛇足な人
    ゲスト

    >10トンの弾頭が時速10メートルで移動したら
    本題から完全にそれますが、こちらのマズルエナジー計算機で試しに計算してみました
    10t = 10000000.00 g
    10m/h = 0.0027m/s
    マズルエナジー = 0.0J 銃口初速が小さすぎるみたい
    銃口初速を36m/h = 0.01m/s にすると0.5J エアソフト並
    計算間違えてたらすいません

    #103034
    ハヌマ
    ゲスト

    蛇足な人さん
    思い切り極端になるように適当な数値です。
    つっこまないでwwww

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • フォーラム「実銃フォーラム(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。