猟銃にボルトアクションが多いのはなぜ?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話 フォーラム 実銃掲示板 猟銃にボルトアクションが多いのはなぜ?

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより1ヶ月、 2週前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #99039返信
    吉宗
    ゲスト

    日本でも海外でも猟銃と言うとボルトアクションが多いような気がします
    これはなぜでしょうか?

    自動銃が規制されていたり、連射する必要性が小さかったり
    ボルトアクションの銃の方が軽く作れるからかなと自分は思うのですが
    ポルさんはどのようにお考えになるか教えて頂けると幸いです。

    #99041返信
    ポルポル
    キーマスター

    ボルトアクションは軽量、作動の信頼性が高い、命中精度が高い、使用可能弾薬の選択肢が多いなどの狩猟における利点がありますが、近年では害獣駆除などにおいては複数のターゲットにも対応可能な利点からセミオートが利用されることも多くなりました。

    銃は道具であるため対象となる獲物の種類や大きさ、想定される距離や環境などから最適な銃と弾薬が選択されますが、一般的な鹿以上の大きさの狩猟にはボルトアクションが選択されることが多い傾向があります。

    AR15では.223や.308といった口径が利用されますが、対象までの距離が長くパワフルな弾薬が必要とされる場合は.240、.270、.300といった口径の弾薬の方が選択されやすい他、こうした状況で連続発射の必要性は低いことからもボルトアクションが選択されるのが一般的です。
    しかし、どのような環境でどんな獲物を対象とするかによって選択肢が異なるため、一概にセミオートとボルトアクションのどちらが良いとは言えません。

    他には規制の影響や薬莢が回収しやすいなど様々な理由もありますが、やはり軽量、高い信頼性、高い命中精度、使用弾薬の選択肢の多さ、幅広い価格帯といった点はボルトアクションが人気の大きな理由だと思われます。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 猟銃にボルトアクションが多いのはなぜ?
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました