普通の357MAGリボルバーの耐久性について

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 普通の357MAGリボルバーの耐久性について

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後にゆうたにより1ヶ月、 3週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #93819返信
    ゆうた
    ゲスト

    いつもお世話になっております。
    またよろしくお願いします。

    先日投稿されたマニューリンMR73の耐久性の記事内容に驚いているのですが、普通の357マグナムリボルバーの耐久性はどのくらいなのでしょうか?
    例えばS&W M686やルガーGP-100などで例えていただけるとありがたいです。
    よろしくお願いします。

    #93821返信
    ポルポル
    キーマスター

    実際に何発撃てるかは不明です。
    S&Wはメーカーとして弾頭重量158grで5000発を目安にしていますが、銃器系雑誌や個人の情報では.357マグナムで4~8万発という報告もあれば、S&W686で.38SPLを使用し25万発という報告もあります。

    ですが実際には弾頭の種類や弾頭重量の違いなど条件によって結果が異なるため、「何発発射可能」という情報はあまり参考になりません。
    マニューリンMR73はノーマの158grでテストされましたが、110grや125grといった軽量弾でテストすれば数万発も耐えられなかったかもしれません。

    #93822返信
    ゆうた
    ゲスト

    ポルさん、いつもありがとうございます。

    やはりマニューリンMR73の耐久性は群を抜いているのでしょうか。
    私が見たS&W M686の記事では「レンタルガンとして使用したところ故障なしに357マグナム弾を3万発射撃できた」というものでした。
    個人で357マグナム弾を何万発も撃つ人はまれでしょうから、それだけ撃てれば十分だという気もしますが…。
    ただメーカー発表としては5000発ということで、やはりマニューリンMR73には遠く及ばないのでしょうね。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 普通の357MAGリボルバーの耐久性について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました