散弾はリボルバーで弊害がある?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより3年、 10ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #63007
    ポルポル
    キーマスター

    ライフリングのある銃身で散弾を使用すると、飛び散る角度が大きくなって威力が下がる。着弾のパターンがドーナツ状になって中心部が薄くなる。ライフリング自体も損傷する。これらの弊害があると聞くのですが、そう思うとSmith&Wesson社のGovernorやTaurus社のJudgeのような散弾を使用するリボルバーは、意味の無いものなのでしょうか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    トーラスジャッジは10メートル以下といった近距離で使用する目的のリボルバーなので、ライフリングによるショットパターンが広がる実用上の悪影響は殆ど受けません。(Youtubeには検証動画が多くアップされています)

    散弾でライフリングが損傷することも無いので、ライフルドバレルで散弾を撃っても問題ありません。(ただショットパターンが広がるだけです)

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました