擲弾銃の口径変更

  • このトピックには1件の返信、2人の参加者があり、最後にポルポルにより6ヶ月前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #96409返信
    リナ一ド
    ゲスト

    (トピックは分けたほうがいいと考えこのような形を取らせていただきました)
    擲弾銃には大別して致死性の40mmと低/非致死性の37mmがありますが、同じ火器で異なる口径へと改造することは可能なのでしょうか。またその切り替えを仕様として取り入れたものは存在するのでしょうか。

    #96411返信
    ポルポル
    キーマスター

    M203は37mmバレルと40mmバレルに互換性があります。

    40mmでも非致死性グレネードが使用されるため銃身交換は必須ではありませんが、LMTやH&Kなどの中折れ式シングルショットランチャーでは簡単に銃身交換が可能な他、同一モデルで40mmと37mmのバリエーションも存在します。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 擲弾銃の口径変更
あなたの情報:




Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

 

広告ブロッカーをオフにしてブラウザを更新してください。

当サイトは広告収入で運営しており、広告を表示して応援していただける方へ情報を提供したいと考えております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました