弾の先端が塞がれているデザインは効果的?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム FAQ回答掲示板(休止中) 弾の先端が塞がれているデザインは効果的?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 7ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #63628
    ポルポル
    キーマスター

    Nosler製のBallistic tipやHornady製のCritical dutyでは、弾頭先端に詰め物がしてあるような独特のデザインになっていますが…あれはどういった狙いがあるのでしょうか?

    ホローポイント弾頭では、障害物越しの射撃で先端部の窪みが詰まってしまって機能不良を起こす場合があると聞きますが、上述のような最初から窪みが塞がれているデザインの弾頭では大丈夫なのでしょうか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    ご指摘の通り、ホローポイント弾では先端が詰まることで弾頭が拡張されないことがあります。

    バリスティックチップやクリティカルデューティーでは、ホローポイント弾の窪みの部分に樹脂を入れることで、着弾時に圧力を受けた樹種が潰れて弾頭を内側から押し広げ、ターゲットの体内で拡張させる設計です。

    これはガラスなどを貫通する際には拡張しにくい反面、体内など流体によって拡張しやすくなっています。

    特にバリスティックチップの場合は、先端が砕けるようなフラグメンテーションが起きにくく、マッシュルーミングしやすい設計です。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました