セミオートピストルで弾薬を抜くときの仕草について

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話 フォーラム 実銃掲示板 セミオートピストルで弾薬を抜くときの仕草について

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより1ヶ月、 3週前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #99647返信
    みがも
    ゲスト

    いつもお世話になります。

    セミオートピストルにて弾薬が残った状態で射撃を終わる時、弾倉を抜いてからスライドを引いて薬室を空にする際の仕草についてなのですが、ほどよい勢いでポンっと薬室の1発を放り出すように排出して手でキャッチするという仕草を映像で見かけることがあります。IPSCなどの競技の映像でも見たことがあるので危険行為ではないのだろうと思われますが、この仕草には注意点などはあるのでしょうか?個人的に気になるのは、スライドを引いた手を離して弾薬をキャッチするのでしょうから、空になった銃の状態でスライドがブレーキが掛からずバチン!と勢いよく戻るのは大丈夫なのだろうかという点です。それで銃がいきなり破損したりはしないとは思いますが…弾薬が装填されながらスライドが戻っていくときのブレーキの無い状態で勢いよく戻るのは銃が痛むので良くない、銃が空の状態でバチンと戻してはいけないというのを射撃体験のレンジの指導を映した動画で見たことがあるので、なんとなく気になっている次第で…

    #99648返信
    ポルポル
    キーマスター

    弾薬をキャッチする行為自体は銃口の方向に注意していれば危険行為ではないと思います。
    高温の薬室内に弾薬が長時間装填されていた場合は弾薬も熱くなるため火傷に注意が必要ですが、短い時間であれば問題ありません。

    薬室が空の状態でスライドを勢いよく前進させる行為については、アメリカのガンコミュニティーの間でも度々論争ネタになるほど様々な意見が存在しますが、総合的に判断すると近年の殆どの銃では問題ありません。
    (この件についてはメーカーの取扱説明書内でもメーカーやモデルによって扱い方が異なります)

    ただし例外的にトリガーをチューンしたヘアトリガーの1911ピストルではスライドを勢いよく前進させるのはシアーを傷めるリスクがあるため避けた方が良いとされています。

    何故シアーが傷むのかという理由についてですが、スライドが勢いよく前進し薬室閉鎖すると慣性によってフレームが前進します。

    その際、トリガーは慣性によってその場に留まろうとしますが、フレームが前進することによって相対的にトリガーが引かれる状態となり、シアーとハンマーの接触が断たれてハンマーが解放され、チューンされたデリケートなシアーがハンマーのハーフコックポジションに衝突しシアーにダメージを与えます。

    射撃中はトリガーが引かれている状態でスライドが前後するためシアーがハンマーのリセスに衝突する状態にはならないのですが、トリガーを引かない状態でスライドが前進すると以上のような破損リスクがあります。

    一般的な1911ピストルのシアーはそこまでデリケートではないため問題ありませんが、チューンされたカスタム1911ピストルは注意した方が良さそうです。

    個人的には自分の銃を扱う際は気にせず薬室が空でもスライドをリリースしますが、他人の銃を扱う際は様々な意見があることも踏まえてゆっくりスライドを前進させるように気を付けます。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: セミオートピストルで弾薬を抜くときの仕草について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました