ケルテックP11

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより1ヶ月前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #88215返信
    名無しですみません
    ゲスト

    ケルテックP11についての質問です。
    これは見たところポリマーフレームのようですがWikipediaには『ポリマー製のグリップ』とあります。これはやろうと思えば木製のグリップに換装できるということでしょうか?

    モデルによっては40口径や.357sigも撃てるそうですが、ほかのポケット側に比べ強度も高いということでしょうか?

    現在この銃は後継モデルに引き継がれたらしく生産はされていないようですが、YouTubeでその存在をよく見かけます。セルフディフェンスやバックアップとして、アメリカでは比較的メジャーなラインナップなのでしょうか?

    #88221返信
    ポルポル
    キーマスター

    >木製のグリップに換装できるということでしょうか?

    グリップとフレーム(アウターフレーム)は一体なので換装できません。

    >強度も高いということでしょうか?

    .40S&Wや.357SIGに対応するためスライドの幅や長さが9mm仕様より大きく強度が高くなっていますが、他のモデルと比較して特別強度が高いということはありません。

    >比較的メジャーなラインナップなのでしょうか?

    P11はケルテック社を代表するピストルで、「安い」、「信頼性が高い」、「命中精度が高い」という特徴からキャリーガンとして人気の高いモデルでした。

    現在はPF9が後継となっていますが、P11とPF9は10年以上並行して製造されていたこともあり、この価格帯のサブコンパクトではメジャーな存在だったといえます。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: ケルテックP11
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました