スポンサーリンク

グロックのALGマウントについて

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 グロックのALGマウントについて

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後にSFOGにより8ヶ月前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #76373返信
    SFOG
    ゲスト

    いつも大変参考にしております。
    グロックのALGマウントですが、大別してドットサイト・マウントの前方にひれのようなものが付いているタイプと付いていないタイプの2種類があるようなのですが、これらは生産時期の違いによるものなのでしょうか。
    また、一見すると照準の邪魔にもなりそうなひれ状のパーツは、どういう意図で取り付けられているのでしょうか。ご教授お願いします

    #76375返信
    ポルポル
    キーマスター

    ひれ状のパーツは、銃口やガスポートから噴出される高温高圧のマズルブラストからレンズを保護するためのブラストシールドです。これによりレンズへのダメージを防いだり、レンズの汚れを防いでクリアな視界を保ちます。
    レンズがブラストの影響を受けない位置にある場合は、ブラストシールドを取り外すことも可能です。

    ALG 6セカンド・マウントにはブラストシールド有りと無しのモデルがあり、有りのモデルは最初に登場したT1モデルです。これはエイムポイントT1に対応するマウントとして設計されました。

    そして後発モデルとしてトリジコンRMRに対応したRMRモデルが発売され、こちらはブラストシールドを廃止しています。

    ALG 6-second Mount

    ※ブラストシールドは視界を妨げない位置にあります。

    #76376返信
    SFOG
    ゲスト

    たいへん丁寧な説明をありがとうございます!よく理解できました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: グロックのALGマウントについて
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました