SS190の具体的な貫徹力と他の弾薬との特性比較

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 SS190の具体的な貫徹力と他の弾薬との特性比較

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後にMirshanにより6日、 2時間前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #76236返信
    Mirshan
    ゲスト

    5.7x28mmのSS190弾の具体的な貫徹力(金属に対する)
    を教えてください。そこから他の弾薬との特性の違いを
    教えください。
    弾薬の種類は
    9x19mm124gr
    9x19mm7N31+p+
    7.62x25mm
    可能であれば
    4.6x30mm弾もお願いします。

    #76251返信
    ポルポル
    キーマスター

    SS190はスチールペネトレーターとアルミのコアを銅合金のジャケットで覆った構造をしており、厚さ1.6mmのチタンプレートや4mmのスチールプレートを貫通可能です。
    SS190はNIJレベルIIIAのアーマーを貫通可能ですが、ペネトレーターが小さく軽量なため、金属の様な固い物質に対する貫通力は高くありません。
    FN社以外のメーカーではSS190より貫通力の高い5.7x28mmのアーマーピアシング弾も製造されています。

    9x19mm124grは一般的に広く利用される弾頭重量の9x19mmですが、FMJやJHPなど、弾頭の種類によっては異なる性質を持ちます。
    弾頭の種類によって異なるため性能は一概にSS190と比較できませんが、比較的入手しやすく安価な傾向があります。

    9x19mm7N31+p+はSS190より貫通力が高いアーマーピアシング弾で、厚さ8mmのスチールプレートを貫通可能です。
    民間市場では殆ど流通しないため入手困難です。

    7.62x25mmはスチールコアの場合レベルIIIAを貫通する能力がありますが、アメリカで一般的に広く流通しているものは鉛のコアのためレベルIIIAを貫通できません。

    4.6x30mmはSS190と似通った性能を持つ弾薬です。
    弾速や弾道曲線などの弾薬としての性能はSS190より劣りますが、9x19mmや7.62x25mmより有効射程距離が長い特徴があります。

    近距離における金属への貫通力を重視するのであれば、9x19mmや7.62x25mmのアーマーピアシング弾の方が良いですが、これら通常の拳銃弾が使用される距離よりも遠いターゲットに対しては5.7x28mmや4.6x30mmの方が有効です。

    関連トピック: Five-seveNから発射されるSS190弾の能力について

    #76282返信
    Mirshan
    ゲスト

    ポルさん
    ご回答ありがとうございます。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: SS190の具体的な貫徹力と他の弾薬との特性比較
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました