FBIの制式銃と制式弾薬について

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 FBIの制式銃と制式弾薬について

  • このトピックには1件の返信、2人の参加者があり、最後にポルポルにより1ヶ月前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #75347返信
    Mr.Smith
    ゲスト

    またお聞きしたいことが出てきたので、ポルさんのお力を貸して頂けると幸いです。
    つい先日、YouTubeのとある動画で、数年前までFBI (米連邦捜査局) では、9mmルガー、.40S&W、.45ACPの3種類の弾薬が併用して使われていたと聞きました。
    その後は、9mmルガーが無くなって.40S&Wと.45ACPの併用という形になったようで、3年ほど前に制式弾薬が9mmルガーへ変更となったことは記憶しているのですが、何故FBIはこのような弾薬の併用という形を取っていたのでしょうか?
    また、以前のFBIではSIG P226やSIG P228、グロック22やグロック23、スプリングフィールドアーモリーの1911カスタムなど、複数の銃が弾薬と共に併用されていたようですが、これは何年頃のことか分かりますでしょうか?
    ちなみに現在のFBIでは、9mmルガーと共に.45ACPなどは併用されているのでしょうか?
    ポルさんの分かる範囲で構わないので、教えて頂けるとありがたいです。

    FBIの銃

    #75348返信
    ポルポル
    キーマスター

    弾薬の併用は昔に限ったことではなく現在もそうなのですが、FBIにはピストルの「許可リスト」があり、このリストにあるピストルは所持可能となっています。(他の法執行機関でもこれが標準的です)

    現在は9mmのグロックが支給されていますが、リストにはG23やG27(.40S&W)の他、G21(.45ACP)もあり、これらは捜査官が自費で購入して所持することが可能です。
    また、FBIの特殊部隊(HRT)では1911(.45ACP)が支給されています。

    FBIは比較的柔軟で、現在はピストル全盛となった時代でありながら、引退が近い捜査官には慣れ親しんだリボルバーを継続して所持することも許可していました。

    .40S&Wがスタンダードだった時代では、新人捜査官はFBIアカデミー(FBIのトレーニングセンター)に入り4~6週目にピストルを支給され、その際に.40S&WのG23やG27などが支給されましたが、.40S&Wの反動やサイズに問題があると感じる捜査官には、9mmのG17やG19が支給されていました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: FBIの制式銃と制式弾薬について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました