PR

AN-94のマガジン角度について

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後にころぼふにより4年、 9ヶ月前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #73113
    ころぼふ
    ゲスト

    AN-94のマガジンはバースト機構を実現するプーリーを回避する為に角度が付けられている…という解説を各文献で見かけるのですが、具体的にどのような形で内部機構が干渉するのか上手く理解できません。実際のところ、わずかにマガジンに角度を付けるのみで解決できている問題なのでしょうか?どなたかご教授願います。

    #73117
    ポルポル
    キーマスター

    銃の画像

    真下から見るとこの様になっています。
    マガジンの挿入位置が右寄りに配置され、レシーバー右側から中央に向かって挿入されている状態です。
    トリガーガードとマガジンキャッチの位置がズレているのが分かると思います。

    銃の画像

    銃の左側はプーリーが前後するスペースが確保されています。

    銃の画像

    薬室を後ろから見ると、フィードランプが若干斜めに配置されており、右下から装填される弾を受けています。
    マガジンの左側ではプッシャー(画面手前の赤いパーツ)が前進してマガジン内の弾を押し出し、ボルトがその弾を薬室内へ送り込みます。

    #73122
    ころぼふ
    ゲスト

    大変わかりやすい解説をありがとうございます!!しっかり理解できました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • フォーラム「実銃フォーラム(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。