5.56(5.45)mmに於ける機関銃と小銃の有効性について

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話 フォーラム 実銃掲示板 5.56(5.45)mmに於ける機関銃と小銃の有効性について

  • このトピックには5件の返信、2人の参加者があり、最後にポルポルにより1年前に更新されました。
6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #94193返信
    名無しの銃ヲタ見習い
    ゲスト

    twitter等でM249とM27 IARのどっちが有用性があるかという議論が為されており、
    「M249のフルオート射撃も標的が遮蔽物・アーマー等を装備していれば役に立たない」、「逃げ回る相手にはM27で狙撃するのが効率が良い」…等といった指摘が成されていますが、5.56mm機関銃が有用となる場面は殆ど存在しないのでしょうか?

    #94194返信
    ポルポル
    キーマスター

    「火力 VS 命中精度」の議論は昔から存在し、第二次世界大戦でのMG34とBAR、ベトナム戦争でのRPK、RPD、M14A1、ストーナー63、アフガニスタン紛争でのL86A2とMinimiなど、様々な議論が繰り返されてきた歴史があります。

    持続発射速度を比較するとM27は毎分40発に対しM249は毎分85発のため、近距離における火力はM249が勝っています。
    しかしM249の実質的な有効射程距離は約250mのため、遠距離のターゲットに対しては制圧射撃の効果が低くなり、命中精度が高いM27の方が少ない弾薬で効果的な制圧射撃が可能です。

    英軍はアフガニスタンでタリバンのRPDやPKマシンガンといったベルト給弾のマシンガンに圧倒され火力で撃ち負ける経験をし、ベルト給弾マシンガンが必要だと認識しましたが、後に命中精度の低さと銃の重さが問題となり、小隊規模レベルにおいてベルト給弾マシンガンを装備しない選択をしました。
    結果、英軍は近距離戦闘ではアサルトライフル、遠距離のターゲットにはDMRを使用するといった使い分けを選んだわけですが、一方で米海兵隊はM27の命中精度と機動性の高さを重視し、火力が必要となる任務ではベルト給弾のSAWを併用しています。

    これはオートマチックライフルとマシンガンのどちらが有効かという問題ではなく、一つの銃で全ての状況に対応することは不可能であり、チーム内での各個人の装備の違いや任務の内容によっては有効な場面とそうではない場面があるため、状況に応じた武器選択が必要とされます。

    #94195返信
    名無しの銃ヲタ見習い
    ゲスト

    機関銃も自動小銃よりもぐら叩き(標的への素早い追撃)が苦手であっても、その高い継戦能力が今もなお必要とされる時があるのですね。
    DMR等がそれ程必要とされない(迫撃砲等で解決可能である)正規戦へ回帰する流れの中でマシンガンがどの様な形で残っていくかは気になる所です。

    #94386返信
    名無しの銃ヲタ見習い
    ゲスト

    本件で追加の質問をして申し訳無いのですが、M249 SAW vs M27 IARの議論の中で「正規戦回帰の流れで中国で多種多様な機関銃やQLU-11といった火力増強に注力しM27で対抗し切れるか」という指摘に対し
    「面制圧用に40mm榴弾も併用している」、「何が必要とされるかは展開地域次第である」といった反論がされており、
    純粋に火力を要求される作戦でなければM27 IARと40mmの組み合わせでも問題無かったりするのだろうか、と考えたのと、
    いずれにせよ、軍事に於ける実用性を語る上で小火器の知識ばかりでなく、ランチャー類や迫撃砲、機関砲に大砲、軍用車両及びミサイルといった大局的な視点を持たなければいけないのだな、と痛感させらました…。

    #94387返信
    名無しの銃ヲタ見習い
    ゲスト

    質問と呼び難いのに「質問」と付けて送ってしまい失礼致しました…。
    ただ40mm榴弾もあれば5.56mm機関銃が無くても面制圧で困る事は基本的には無いのでしょうか?

    #94389返信
    ポルポル
    キーマスター

    制圧射撃は敵に対して「今は行動するより身を隠した方が良い」と心理的に思わせることで行動を阻止する効果があるため、直撃または至近弾を持続的に浴びせる必要があります。

    これは40mmグレネードでも同様で、連続発射可能なベルト給弾のオートマチックグレネードランチャー(AGL)等によって制圧射撃の効果を得られますが、歩兵が携行する単発式のグレネードランチャーでは殆ど効果を得られません。

    射撃を停止すれば敵は行動を再開するため撃ち続ける必要があり、車載のAGLではグレネードを大量に搭載可能なものの、グレネードを大量に携行できない歩兵は制圧射撃の効果を得る前に短時間で弾切れになります。

    ライフルやマシンガンで制圧射撃を行っている最中に別の歩兵がグレネードランチャーで遮蔽物に隠れた敵を曲射攻撃することは効果的ですが、単発式のグレネードランチャー単体では制圧射撃に不向きです。

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
返信先: 5.56(5.45)mmに於ける機関銃と小銃の有効性について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました