.300AACと5.56mmが同じマガジンを共用できる理由とは?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム FAQ回答掲示板(休止中) .300AACと5.56mmが同じマガジンを共用できる理由とは?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより3年、 4ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #60597
    ポルポル
    キーマスター

    300 AAC Blackout(7.62x35mm)という弾は5.56mmのマガジン・ボルトをそのまま使えると聞いたのですがどうしてですか?
    また、実際に撃つときは対応するバレルに交換するだけでいいのですか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    5.56mm(.223)と.300AACは全長の最大値が同じ長さなので、同じマガジン(5.56mm用マガジン)が使用できます。
    (弾頭重量等によって弾の全長は異なりますが、規格の最大値は同じです)

    また、薬莢の後部(ケースヘッド)のスペックも同じなので、同じボルトが使用できます。

    5.56mm(.223)の銃で.300AACを撃つ場合は、.300AAC用バレルに交換するだけでOKです。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました