観測手の役割とは?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 4ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #63178
    ポルポル
    キーマスター

    狙撃する時に狙撃手と観測手?サッポッター?がいますが、観測手の役割は何ですか?
    距離はレーザーサイトとかで狙撃手はわかる気がしますさらに狙撃手が風を読むことが出来るのなら、観測手は何をするのですか?
    もう観測手はいらないのでしょうか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    軍に於いて観測手(スポッター)は狙撃手より射撃経験が豊富なチームリーダーが務め、チーム管理、状況確認、狙撃手への指示など総合的な管理を行います。

    一方狙撃手の仕事は狙撃に集中し指示通りに射撃することなので、風の強さやターゲットまでの距離を知る必要もありません。

    使用する弾の弾道や風速は観測手が把握しており、修正や弾道計算も観測手が行いますが、どのターゲットを何クリックで射撃するといった情報のみを狙撃手に伝えます。

    それぞれが仕事を分担することで、より良い結果が得られます。

    関連記事:長距離射撃の基礎知識

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました