狙撃時のサプレッサーのデメリットとは?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム FAQ回答掲示板(休止中) 狙撃時のサプレッサーのデメリットとは?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 10ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #63195
    ポルポル
    キーマスター

    スナイパーは、狙撃の際にスナイパーライフルにサプレッサーを装着すると思うのですが、スナイパーライフル、例えばレミントンMSRにサプレッサーを装着して狙撃する場合、メリットは多いと聞きますが、逆にデメリットはあるのでしょうか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    全長が長くなるため取り回しが悪くなりますし、複数発発射するとサプレッサーが加熱されて陽炎が発生するため、ターゲットの視認性が悪くなります。

    狙撃の際にはサプレッサーの温度が上昇しないように、射撃間隔を開けることが望ましいです。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました