PR

撃たれた反動で、発砲することはある?

HB-PLAZA 入門者にやさしい実銃解説 フォーラム 実銃フォーラム(休止中) 撃たれた反動で、発砲することはある?

  • このトピックには1件の返信、2人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 4ヶ月前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #96618
    オセロット
    ゲスト

    銃を持っている人間が、撃たれた反動(弾み)で引き金を引き、発砲することはあるんでしょうか? ある映画で「例え頭を撃ち抜かれてもこの引き金を引いてみせる」というセリフがあり、気になりました。

    #96619
    ポルポル
    キーマスター

    人間の両目と鼻の部分をタクティカルシューティング用語で「Tゾーン(ティーゾーン)」と言います。
    Tゾーンに着弾し脳幹にダメージを与えると弛緩麻痺を起こし、筋肉を収縮できなくなります。
    つまり、ターゲットはトリガーを引けなくなります。
    そのため人質事件ではスナイパーはターゲットのTゾーンを狙い、人質への被害を防ぎます。

    しかし、Tゾーン以外の場所に命中した場合は筋肉を収縮することが可能なため、意識的、または無意識にでも反射や筋肉の緊張によってトリガーが引かれる場合があります。

    人間の額は骨が硬く厚いため、これまでに.38スペシャル、.45ACP、.223remが額に着弾しても貫通しなかった事例がありますが、Tゾーンは骨が薄く弾頭が脳幹まで届きやすいため、トリガーを引かせることなく瞬時に意識を失わせることが可能です。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • フォーラム「実銃フォーラム(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。