指にトリガーをかけない鉄則はいつ頃から?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 指にトリガーをかけない鉄則はいつ頃から?

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより9ヶ月、 3週前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #78881返信
    溝内
    ゲスト

    今でこそ撃たない時の銃のトリガーに指をかけないようにするのは鉄則になっていますが、第二次世界大戦中はこのルールは普及されておらず、実際当時の写真や動画を見ると行軍中でも関係なく指をかけている様子が多く伺えます。
    これが鉄則として普及し始めたのはいつ頃からでしょうか。

    #78884返信
    ポルポル
    キーマスター

    このルールは1980年代頃から徐々に広まり、よく知られるようになったのは90年代頃だと思われます。
    ベトナム戦争時にはまだルールがありませんでした。
    軍においては一説には「女性が軍に入隊し始めてから誤射事故が問題になったため規則になった」とも言われますが、定かではありません。

    ルールが広く知られる切っ掛けとしては、ジェフ・クーパーが提唱した4つの安全規則(全ての銃は装填されているものとして扱う、破壊したくない物に銃口を向けない、サイトがターゲットに向くまでトリガーに指を掛けない、ターゲットとその背後に何があるかを確認する)も貢献しています。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 指にトリガーをかけない鉄則はいつ頃から?
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました