スポンサーリンク

拳銃弾を高初速で射つと安定しない?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 拳銃弾を高初速で射つと安定しない?

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより1ヶ月前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #95063返信
    マリオ
    ゲスト

    拳銃弾を小銃弾ほどの高初速で射つと、空気抵抗などで弾道が安定しなくなったりするんでしょうか?

    #95064返信
    ポルポル
    キーマスター

    材質、口径、弾速などの条件が同一のとき、全長が短い弾頭(軽い弾頭)と長い弾頭(重い弾頭)を比較すると、長い弾頭の方が飛距離が長くなり、また貫通力も長い弾頭の方が大きくなります。

    これを弾道学用語で説明すると「長い弾頭(ライフル弾)はBC(Ballistic coefficient/弾道係数)とSD(Sectional density/断面密度)が大きい」と言い表すことができます。

    全長が長いライフル弾の弾頭は空気抵抗が小さく重量も重いため、空気抵抗による減速が少なく慣性力によって長い距離を飛びます。
    しかし同口径でも弾頭の全長が短いピストル弾はライフル弾と同じ速度で発射されても飛距離が伸びず、この点が不利になります。

    「安定」という意味では、弾頭重量に合わせた適切なライフリングのツイストレートを使用すれば、全長の長さに関係なくどちらも近距離において安定します。
    ですが、飛距離が伸びない弾頭で長距離を飛ばそうとして射角を上げると滞空時間が長くなり、大きな弾道曲線になることで長距離では弾速の違いなど条件次第で安定しなくなる可能性があります。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 拳銃弾を高初速で射つと安定しない?
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました