スポンサーリンク

拳銃の摩耗部品

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより1ヶ月、 2週前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #85429返信
    名無しですみません。
    ゲスト

    お久しぶりです。
    レンジで拳銃射撃を行うにあたって、定期的に交換しなければいけない消耗部品はどれくらいあるのでしょうか?
    また、それぞれ何発毎に交換するのがベストなんでしょう? 一般的なセミオートと、ベレッタ92FSを使うと仮定しています。

    反面、在米中の日本人youtoberの方らリボルバーは無理な使用(kフレームで.357を撃ちまくるなど)さえしなければメンテだけで半永久的に使えると言ってましたが、真偽のほうはいかがでしょうか?
    やはりリボルバーといえど、定期的な部品交換は必須なのでしょうか?

    #85434返信
    ポルポル
    キーマスター

    >定期的に交換しなければいけない消耗部品はどれくらいあるのでしょうか?

    ベレッタ92FSの場合、リコイルスプリングは3000発毎に交換すると良いです。
    ロッキングブロックの交換は1万~1万5千発が目安になりますが、古い92Fで旧型のロッキングブロックは5千~1万発です。
    もし中古で使い古された銃を購入した場合は、リコイルスプリングを含め全てのスプリングを交換するのがおすすめですが、全ての機能が正常に動作し実射してジャムが無ければ使用を継続しても問題ありません。

    マガジンも消耗品のためマガジンスプリングの交換が必要になりますが、使い古せばマガジンリップも変形するため、マガジンを丸ごと交換することをお勧めします。
    マガジンは使い方や使用頻度によって寿命が異なるため何発毎に交換とは一概に言えませんが、ジャムの頻度が増えたと思ったら買い替え時です。

    >メンテだけで半永久的に使える

    条件次第のため、一緒くたに断定的に語られる情報は鵜呑みにしない方が良いと思います。
    ハードに使用すればトリガーメカやフレームに影響しますが、普通に使用していてもトリガーが戻らなくなったり、シリンダーが回らなくなるといったトラブルは生じます。
    これはクリーニングだけで解決しない場合もあり、パーツ交換が必要になることも多いですが、どのパーツに問題が起こりやすいかはモデルによっても異なるため一概に言えません。
    日常的に、トリガーの動き、ハンマーの打撃力、シリンダーギャップ、シリンダーのストップ位置、エジェクターロッドの緩み、フォーシングコーンの状態・・・などをチェックするのがお勧めです。

    >やはりリボルバーといえど、定期的な部品交換は必須なのでしょうか?

    パーツの動きが悪いなどの症状があれば交換が必要な場合もありますが、定期的な交換が必要であるかはモデルや使用弾薬によって負荷の掛かり方も異なるため一概に言えません。
    モデルや使用状況によっては長期間の使用でも交換を必要としない場合もあります。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 拳銃の摩耗部品
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました