同じKフレームでも…Nフレームは?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話 フォーラム 実銃掲示板 同じKフレームでも…Nフレームは?

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後にゆうたにより4ヶ月前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #96533返信
    ゆうた
    ゲスト

    いつもお世話になっております。
    またよろしくお願いします。

    同じS&WのKフレームでもM10の2インチは808g、M19の2.5インチは948gと0.5インチしか差がないのにけっこう重量が違うのは、M19はマグナムを扱うということでフレームが強化されているからと、あるYoutuberさんがわざわざ重量を示して教えてくれましたが、本当にそうなのでしょうか?
    もしそうならM13はM10かM19のどちらのグループに入るのでしょうか?
    また、Nフレームでも357マグナムを使うものより44マグナムを使うものの方が丈夫にできているのでしょうか?
    よろしくお願いします。

    #96535返信
    ポルポル
    キーマスター

    フレームの違いを銃の総重量で比較するのは誤解しやすいため、そういった覚え方はおすすめしません。

    確かにM19のフレームはヨーク付近が通常のKフレームより大きいため重くなっていますが、S&W社はマグナム弾を使用するフレームには熱処理によって強化する対策をしています。

    また重さの違いの原因はフレームだけではなく、ヘビーバレル、銃身長、シリンダー長、アンダーラグ(エジェクターロッドシュラウド)の有無、ラウンドバットとスクエアバットの差、ファイアリングピンの位置などによっても異なります。

    >もしそうならM13はM10かM19のどちらのグループに入るのでしょうか?

    M13とM19のフレームは同じではありませんが、M13もM19と同様に強化されたフレームです。
    シリンダー長はM10が1.56インチ、M13とM19は1.67インチです。

    法執行機関でM10が採用されていた時代にはユーザーがM10のフレームにM13のヘビーバレルとシリンダーを組み込んで.357マグナムに対応させることも行われていたため、現在の中古市場にはこうしたモデルも流通しています。

    その他、M10にも.357マグナムモデルが存在し、1972年にニューヨーク州警察向けに製造された.357マグナムのM10-6が1974年にM13を登場させる切っ掛けになっています。
    また、台湾政府向けのM10で.32H&Rマグナムのモデルも製造されています。
    しかし、Kフレームに.357マグナムは適さないため、Lフレームの登場により市場ではKフレーム.357マグナムと置き換われるようになりました。

    >Nフレームでも357マグナムを使うものより44マグナムを使うものの方が丈夫にできているのでしょうか?

    モデルや時代によっても異なりますが、必要とされる強度を得られるように対応されるのが通常です。

    #96536返信
    ゆうた
    ゲスト

    ポルさん、いつもありがとうございます。
    重量で判断するのは間違いなんですね。
    熱処理で云々というのはベレッタM9のスライド破損事故の件で知りましたが、S&Wでも熱処理で強化してるのですね
    またM10にもマグナムモデルがあったということには驚きました。
    Kフレームでマグナムを撃つのはリスクがあるというのは上記のYouTuberさんも仰っていて、その方は自分でリロードして弱めのマグナム弾を作っていて、更に撃ちに行くときは7割が38スペシャル弾、残りの3割がマグナム弾だということでした。
    Lフレームは何だかパイソンのパクリみたいな感じがするのでスリムなKフレームの方が個人的には好きなのですが、問題があるのなら仕方ないですね。
    Nフレームの件もちゃんと適切な処理がされてるようで安心しました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 同じKフレームでも…Nフレームは?
あなたの情報:




Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

 

広告ブロッカーをオフにしてブラウザを更新してください。

当サイトは広告収入で運営しており、広告を表示して応援していただける方へ情報を提供したいと考えております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました