交換チョーク式散弾銃の銃身寿命について

ホーム フォーラム 実銃掲示板 交換チョーク式散弾銃の銃身寿命について

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。4 週間、 1 日前 ysk さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #71328返信

    ysk

    交換チョーク式の散弾銃の銃身寿命についてですが、シリンダー等の比較的内径の大きいチョークに対し、銃身側の内径が大きい場合(銃身とチョーク接合部で明らかに段差がある)、銃身寿命が尽きたと考えてよろしいでしょうか?
    また、この状態でスラッグ 等を撃った場合、銃身破裂の危険は高いでしょうか?

    なお、銃身は交換チョーク式のスラッグ 銃身で、チョークはメーカー純正となります。

    #71336返信
    ポル
    ポル
    キーマスター

    実際に拝見しないと何とも言えませんが、ネジの溝に汚れが溜まったりチョークチューブの変形が原因だと問題なので、銃砲店やガンスミスに持ち込んでプロに判断してもらった方が良いと思います。

    >銃身寿命が尽きたと考えてよろしいでしょうか?

    そうでは無いとは言えませんが、一般的にスムースボアのショットガンでは正常に使用すれば数万~数十万発以上持つので、銃身命数の限界を経験する人はあまり多くありません。

    >この状態でスラッグ 等を撃った場合、銃身破裂の危険は高いでしょうか?

    鉛のスラグであれば問題無いと思いますが、弾速が高速な弾薬やスチールショットは避けた方が良いかもしれません。
    (これも実際に拝見しないと判断できませんが)

    #71366返信

    ysk

    ご回答ありがとうございます。
    早期にガンスミスに見て頂きます。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 交換チョーク式散弾銃の銃身寿命について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました