スポンサーリンク

ロシア製の薬莢について

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより1ヶ月前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #82870返信
    HK
    ゲスト

    ttps://www.gunsandammo.com/files/2017/07/AmmunitionForTheAK-2-270×300.jpg

    それぞれ何製の薬莢でしょうか?
    また、一番強度があるのはどれですか。

    #82871返信
    HK
    ゲスト

    すみませんリンク切れしていました。

    銅色と黒色と弾缶に入ってる濃い緑の薬莢です。

    https://www.warrelics.eu/forum/attachments/ordnance-ammo/293871d1326923128-russian-shooters-ak47-1.jpg

    #82899返信
    ポルポル
    キーマスター

    左から順に以下の通りです。

    ブラスケース(真鍮)
    スチールケース(ポリマーコーティング)
    スチールケース(ラッカーコーティング)
    スチールケース(カッパーコーティング)
    スチールケース(ラッカーコーティング)

    スチールは錆びやすいため腐食対策としてコーティングされていますが、コーティングの違いによる性能差は殆どありません。
    (ラッカーコーティングは加熱した薬室内で溶けてジャムを起こすと噂されますが、それを証明するデータはありません)

    近年はポリマーコーティングが主流で、ラッカーコーティングはサープラスアモで多くみられます。
    またロシアでは銅が不足していたことからカッパーコーティングの7.62x39mmはロシア製より中国製(ノリンコ)でよく見られます。

    >一番強度があるのはどれですか。

    硬度という意味ではスチールケースが強度があるといえますが、強度があれば良いというものではありません。

    ブラスケースは発射時に膨張しますが、スチールケースは殆ど膨張しません。
    そのためブラスケースは薬室を密閉する一方、スチールケースは薬室を密閉しないためガスが漏れて薬室内やレシーバー内が汚れやすい傾向があります。(この汚れはジャムの原因となり得ます)
    またスチールケースはブラスケースより摩擦が大きいためジャムを起こしやすく、材質にブラスケースのような粘りがないため高圧時には割れやすいといえます。

    しかしAK47はスチールケースを使用することを前提に設計されており、テーパー角度の強いスチールケースを少し高めのガス圧で排莢させ、薬室内径にも余裕(公差)が設けられているため問題なく作動します。
    そのためAK47ではブラスケースよりスチールケースの方が相性が良く、逆にAR15でスチールケースの5.56mm/.223弾を使用するとジャムが多くなる傾向があります。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: ロシア製の薬莢について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました