マズルブレーキの大きさと反動軽減力

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話 フォーラム 実銃掲示板 マズルブレーキの大きさと反動軽減力

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後にリナ一ドにより6ヶ月、 1週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #96300返信
    リナ一ド
    ゲスト

    基本的にマズルブレーキは大きいほど効果も高く、対物狙撃銃の類には概して非常に大きなマズルブレーキが着いていますが、この関係はどこまで有効なのでしょうか。巨大化による重量の増加や照準器への干渉などを考慮しないとして、例えば鉄骨の類を溶接して作ったようなバカでかいマズルブレーキは相応の性能を発揮するのでしょうか。

    #96302返信
    ポルポル
    キーマスター

    装薬が発生させるガスの量は概ね一定のため、マズルブレーキの効果と大きさは比例しません。

    例えばマズルブレーキ片面に10個のガスポートが並んでいるとき、後方側の3個のガスポートから殆どのガスが放出されると残りの7個のガスポートは無駄になります。

    銃の総重量が増加すると反動が軽減されますが、銃の重量を増加させる目的で大きなマズルブレーキを装着するのは効率的ではありません。

    #96303返信
    リナ一ド
    ゲスト

    なるほど、確かに.22LRのバーミントライフルに対物狙撃銃のマズルブレーキを取り付けても劇的な効果を発揮するようには思えませんね。勉強になりました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: マズルブレーキの大きさと反動軽減力
あなたの情報:




Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

 

広告ブロッカーをオフにしてブラウザを更新してください。

当サイトは広告収入で運営しており、広告を表示して応援していただける方へ情報を提供したいと考えております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました