スポンサーリンク

ハーフライフル化について

  • このトピックには4件の返信、1人の参加者があり、最後に新兵7号により8ヶ月、 1週前に更新されました。
5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #77044返信
    新兵7号
    ゲスト

    またお世話になります

    ハーフライフルといえば、ライフルドショットガンを半分削った製品なわけですけども、豊和M1500あたりを削ってハーフライフルとして所持するわけにはいかないんでしょうか?

    #77051返信
    ポルポル
    キーマスター

    ライフルのライフリングを半分削ってもライフルなのでハーフライフル(ショットガン)の所持許可は出ません。

    ライフリングを全て削って410番を使用するショットガンとして所持することは可能ですが、その場合でもライフル弾を発射できる能力があると判断されたり、構造と使用目的が合致しないと判断されると所持許可が出ません。

    #77053返信
    新兵7号
    ゲスト

    「ライフル弾を発射できる能力がある」とは具体的にどのような基準で判断されるんでしょうか?

    #77055返信
    ポルポル
    キーマスター

    例えば、.410にサイズが近い金属カートリッジの.444マーリンを発射可能な.410ハーフライフルの銃は許可が出なかったりします。
    (過去には販売され許可が出ていた時代があります)

    日本の法律では銃の具体的な機能について明記されていませんが、基本的にショットガンにライフル弾を発射する能力があると判断されると許可が出ません。

    #77056返信
    新兵7号
    ゲスト

    回答ありがとうございます
    疑問が解決しました

5件の投稿を表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
返信先: ハーフライフル化について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました