トリガーが二つある銃について。

ホーム フォーラム 実銃掲示板 トリガーが二つある銃について。

このトピックには1件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。6 ヶ月、 3 週間前 ポル さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #61015 返信

    初心者
    #61017 返信

    ポル
    キーマスター

    画像1枚目のショットガンのトリガーは、水平二連銃(サイドバイサイドショットガン/ライフル)の左右の銃身を撃ち分けるためのシンプルなトリガーです。

    基本的には、前のトリガーが右側の銃身、後ろのトリガーが左側の銃身から発射します。

    このトリガーの多くは二つのトリガーを同時に引いて二発同時発射が可能なため、像狩りなどビッグゲームハンティングでは大きな殺傷力を得るために使用されたポピュラーなトリガーでした。

    画像2枚目のトリガーは「ダブルセットトリガー(DST)」と呼ばれるトリガーで、前のトリガーが撃発に使用され、後ろのトリガーは撃発用トリガーを軽くするためのスイッチの役割を果たします。

    このシステムは19世紀からフリントロックライフルなどでヨーロッパを中心に広く利用されており、軽いトリガーだと移動中に暴発や誤射の危険があるため、射撃の際には後ろのトリガーを引いてから前のトリガーで発射するといった、安全装置の代替として利用された歴史があります。

    また、重いトリガーでは遠距離の射撃が難しいため、トリガーを軽くしたい精密射撃では重宝されることから、競技用ライフルでも採用されています。

    前後のトリガーの間にはネジがありますが、このネジを回すとトリガーの重さを調節することができます。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: トリガーが二つある銃について。
あなたの情報: