ショートリコイル式のSMG

  • このトピックには1件の返信、2人の参加者があり、最後にポルポルにより1年前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #96111返信
    リナード
    ゲスト

    自動拳銃では広く用いられているショートリコイルですが、こと短機関銃においてはシンプルブローバックやディレードブローバック、ガスピストンなどに比べて採用例が少なく、私の知りうる限りではMP9やMP41/44、FMG-9ぐらいしかないように思えるのですが、これはなぜなのでしょうか?

    #96113返信
    ポルポル
    キーマスター

    ショートリコイル方式のサブマシンガンは長い銃身を可動させるため銃身を支えるためのバレルガイドが必要になり、構造次第ではクリーニングなどのメンテナンス性が劣る面があります。
    特にサプレッサー使用時にはフルオートで可動する銃身に直接サプレッサーを装着すると振動が大きくなるため、代わりにバレルガイドなどに接続されますが、銃身に加えてバレルガイドも激しく汚れます。

    また、高い命中精度を求める場合に銃身は固定されている方が適しています。
    バレットM82やブローニングM2の様にショートリコイル方式でも高い命中精度を実現した例はありますが、発射速度が速いサブマシンガンでは固定銃身が採用されやすいといえます。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: ショートリコイル式のSMG
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました