ショットシェルに入っている白い粒とは?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム FAQ回答掲示板(休止中) ショットシェルに入っている白い粒とは?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 6ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #62434
    ポルポル
    キーマスター

    ショットシェルの中には、プラスチックの白い細かい粒が入っていると聞いたのですが、これにはどのような効果があるのでしょうか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    通常は入っていないのですが、白い粒が入っているショットシェルも存在します。

    この白い粒はポリエチレンやポリプロピレンなどで、バックショットの隣り合った鉛玉同士のギャップを埋めるための緩衝材(フィラー/バッファー)です。

    発射時の強いGが鉛玉を変形させるとショットパターンが偏るため、まんべんなく綺麗に弾を散らせるために粒が封入されます。

    銃創学的には、この粒の痕が射殺遺体に残されているとパウダータトゥーイング(火薬の粒が皮膚に衝突し痕が付く状態)と誤認されやすいため、注意が必要と言われています。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました