アルメニアのK-11狙撃銃について

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 アルメニアのK-11狙撃銃について

このトピックには1件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2 週間、 6 日前ポル ポル さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #73183返信

    ツァスタバ

    5.45×39mmを使用するボルトアクション式ライフルということで、てっきり今までバーミントライフルやサバイバルガンの類かと思っていたのですが、どうもれっきとした軍用狙撃銃らしいと聞きました。
    この銃はどのような目的を意図して設計されたのでしょうか?

    #73186返信
    ポル
    ポル
    キーマスター

    K-11シリーズには5.45x39mmと7.62x54mmRのタイプが存在しますが、これらは大型のスナイパーライフルとアサルトライフルの中間を埋める存在のボルトアクション・ライフルです。
    AK-74をベースにフリーフロートバレル化することで命中精度を高めています。

    アサルトライフルより射程が長く、それでいて軽量なため、およそ600~800m以下の距離において分隊支援として使用されます。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: アルメニアのK-11狙撃銃について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました