アルミ合金フレームは塗装禿げに強い?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 アルミ合金フレームは塗装禿げに強い?

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後にみがもにより1ヶ月、 1週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #78003返信
    みがも
    ゲスト

    いつもお世話になっております。

    セミオートピストルのアルミ合金フレームについてなのですが、スチール製のスライド側よりも塗装禿げに強いということはあるのでしょうか?米軍のM9や自衛隊の9mm拳銃(P220)で実際の官給品の写真を見ると、スライド側が凄まじい塗装禿げであちこち銀色が出ているのに対して、フレーム側が意外と綺麗だったりするのを見かけます。特に自衛隊のP220の写真では、スライドがもはや銀色がかっているようなものや古いペンキ剥がれのようにボロボロのものばかりで綺麗な黒染めの物はあまり見つからないのですが、それでもフレームの方だけはモデルガンのように綺麗な艶消しブラックのまま、角がちょっと擦れている程度だったりするのが殆どです。これはアルミ合金の塗装処理の方が強いのでしょうか?それとも単にフレーム側の方が汚れづらい位置関係という事なのでしょうか?

    #78012返信
    ポルポル
    キーマスター

    ベレッタM9を例にするとスライドがブルニトン、フレームが硬質アノダイズ処理というようにパーツによってフィニッシュが異なり耐久性も異なりますが、軍や警察で多いコーティングの剥げは接触しやすい部分が剥げている結果です。

    スライドはフレームより厚みがあり、手で操作したりホルスターなどに接触するためコーティングが摩耗して銀色に見えることがありますが、CZ75のようにスライドよりフレームに厚みがあるとフレームの方が摩耗しやすくなります。

    また、弾薬を大量消費するとフレームが割れることもあるため、フレーム交換によってスライドとの外観に差がでる場合もあります。

    #78025返信
    みがも
    ゲスト

    回答ありがとうございます。コーティングの性質より、接触しやすいのが一番大きいんですね…言われてみればフレーム側はあんまり擦れませんね。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: アルミ合金フレームは塗装禿げに強い?
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました