アサルトライフル、カービンにおけるバースト射撃(指切り射撃)は有効か?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 アサルトライフル、カービンにおけるバースト射撃(指切り射撃)は有効か?

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後に クロイロにより2ヶ月、 1週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #72603返信
    クロイロ
    ゲスト

    当サイトで勉強させていただいているクロイロです。
    タイトルについて質問したく投稿しました。
    Youtube等で各国の軍特殊部隊の公開されている訓練、特に近接戦闘の動画を鑑賞して、ふと思ったのですが、彼らは連射可能なアサルトライフル、カービンを有していながらセミオート機能”しか”使っていないように見えます。跳弾、誤射を恐れセミオートで正確に狙っているということは何となく理解できているのですが、セミオート機能を用いて複数回引き金を引いてを敵には弾を撃ち込むよりは、バースト射撃を用いて瞬間的に相手に3,4発撃ち込む方が良いのではないのかなと思います。彼らは毎年数千発の射撃訓練を通して「バースト射撃(指切り射撃)」などを訓練していると思うのですがこのテクニックは実戦的ではないのでしょうか。

    #72608返信
    ポルポル
    キーマスター

    セミオート射撃は命中率が高い、反動をコントロールしやすい、複数のターゲットに対するスピードも早い、弾の無駄な消費を抑えることができる、銃身のオーバーヒートを防ぎやすい・・等々の利点があります。

    バースト射撃は緊急時やサイトを必要としない近距離において有効ですが、バーストが必要な状況はかなり限られています。

    また屋内戦闘のように近距離でバーストが有効な場合も、敵と民間人が混在する状況ではセミオートの方がコントロールしやすく、より安全です。

    米軍でもM16A2が採用されておりバーストで射撃されることもありますが、バーストやフルオートの訓練の機会や時間は少ないと言われています。

    スピードに関しては、仮に3つのターゲットABCが存在するとき、バーストでAAABBBCCCという順番で撃つよりも、セミオートでABCBABCと撃つ方が有効な場合もあります。

    また10メートル先のターゲットと100メートル先のターゲットを連続して撃つ場合も、バーストだけを使用、またはバーストからセミオートに切り替えて射撃するよりも、セミオートだけで対応する方が早く正確に撃てます。

    状況次第ではありますが、殆どの状況ではセミオートが有効と言えます。

    関連トピック:M16や89式小銃の3点バーストは必要か

    #72624返信
    クロイロ
    ゲスト

    なるほど、セミオート射撃が基本的にバースト射撃よりも実戦的なのですね。
    返信ありがとうございました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: アサルトライフル、カービンにおけるバースト射撃(指切り射撃)は有効か?
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました