「指トリガー」はいつの時代から注意されている?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム FAQ回答掲示板(休止中) 「指トリガー」はいつの時代から注意されている?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 7ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #65308
    ポルポル
    キーマスター

    指トリガーとは不要にトリガーに指を掛けないと言うのが私の認識なのですが、指トリガーはいつの時代から注意されてきたのでしょうか?

    ww1、ww2の時は無く、つい最近の出来事でしょうか、あと私の指トリガーの認識はこれで合ってるでしょうか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    私自身「指トリガー」という用語(?)を使ったことが無いので定義について解説できませんが、恐らくトリガーに指を掛けている状態を指す意味だと思います。

    英語では「Trigger Discipline」と言われ、一般的に「発射する瞬間まで指はトリガーガードの外に置く」ことを指します。
    (トリガーに触れていなくても、トリガーガード内に指が入っている状態は不十分です)

    トリガーに指を掛けることが危険だという認識は古くから存在しますが、ベトナム戦争以降の70~80年代頃から徐々に注意されるようになり、有名シューターのジェフ・クーパーも当時から提唱していました。

    特に広く注意され始めたのは90年代以降で、ごく最近の傾向と言えます。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました