遠射性能について質問です。(初速と弾道係数と弾道)

ホーム フォーラム 実銃掲示板 遠射性能について質問です。(初速と弾道係数と弾道)

このトピックには6件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。1 週前 ポル さんが最後の更新を行いました。

7件の投稿を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #63352

    シミズ

    よろしくお願いします。
    先の質問 「大型獣を近距離で撃つのに適した弾」 に関連する質問なのですが、遠距離の話になるので新たなトピックで質問させていただきます。

    > 遠距離での性能も.338フェデラルが優位だと思いますが、 .308winは500~600メートルまでは良いものの、この選択肢の中では空気抵抗による減速率や落下量が大きいので遠距離でも劣ると思います。

    との御意見ですが、これはどうなんでしょうか。

    .338ラプアに使えるような長くて重い弾頭(~300grs)は弾道係数も良いでしょう。 しかし、.338フェデラルで使えるのは、338の中では比較的軽い弾頭であり、.308Winで使えるクラスの308弾頭と比較すると、平均的に弾頭係数は劣っているようです。(弾メーカーのHPをざっと見た感想) 初速も大抵の場合は338フェデラルの方が劣ることになると思います。 初速と弾道係数の両方で劣っているとすると、600超で挽回できるんでしょうか。

    308Winが遠射で弾道がよろしくないというのはタクティカル界隈で散々言われていることですが、先に挙げた派生装弾(308~338~358~)の中での限定なら、遠射性能が最もマシなのは308ではないかと思うのですが

    308Winと同クラスでは、260とか逆に小口径化したものが遠射性能から注目されているわけですが、同じクラスで338に拡大するのは、[エネルギー÷前面投影面積]の面から遠射では不利になるかと思うのですが。

    ( 弾道係数と遠距離のドロップ/ディフレクションについては色々教えてもらいたいことがあるので、続くと思います。よろしくお願いします。)

    #63353

    シミズ

    [エネルギー÷前面投影面積]
    と申しましたが、もちろん小口径で無限に高速・ハイパワーが出せるわけではないので、ある限界を超えるには大口径化が求められるのでしょうが、308Win対338Fed はそのような限界よりも手前の事のように思うのですが、

    #63355

    ポル
    キーマスター

    弾道係数や弾速と共に弾頭重量も関係しますから、距離ごとの弾道データを用意してドロップがどれだけあるかを比較すると良いと思います。

    生憎私は各弾薬の弾道データを引っ張り出して比較する時間的余裕が無いので、比較作業と判断はお任せします。

    #63356

    シミズ

    ノスラーのweb版ロードデータから抜粋した値です。

    .308Win
    Nosler“Partition” 190grs・弾道係数:.474/最高速:2624fps/ME:2905
    https://load-data.nosler.com/wp-content/uploads/2018/03/600x1163x308-Win-190gr-version-8-3.jpg

    .338Fed
    Nosler“Partition” 225grs・弾道係数:.454/最高速:2428fps/ME:2954
    https://load-data.nosler.com/nosler-load-data/image/338-fed/338-federal-225gr.jpg

    これを元に、以前教えていただいたホーナディーのweb版バリスティックキャリキュレータで弾道を出したところ、

    https://blogs.yahoo.co.jp/tiebukuro_gazouhokann/39115471.html

    https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-7b-5e/tiebukuro_gazouhokann/folder/1070888/71/39115471/img_1?1536749132

    ドロップとドリフトでは308の方が一方的に優っているようです。
    マズルエナジーでは338の方が勝っていますが、弾道係数で劣っているので150ydあたりでエネルギーは逆転して308の方が上になるようです。

    #63358

    ポル
    キーマスター

    特定のロードデータに限定せず、更に複数の異なる弾頭重量と装薬の種類を比較してそれぞれの平均を出せば、もっと正確な比較が出来そうですね。

    #63378

    シミズ

    > 更に複数の異なる弾頭重量と装薬の種類を比較して平均を出せは…

    こちらもヒマが無限に有るわけではないですし、一例はお示しましたが、ありとあらゆるロードデータを吟味するのも不毛な徒労だと思います。

    個人的には308と338とどちらが優れていてもどっちでもいいし、どのみち国内では500メートルとか撃つチャンスは無いので、どうでもいいですが。

    とはいえ、遠射性能で338Fedが308Winに優る というのは物理的に考えにくいことで、(もちろんレアな例外はあるでしょうが) なぜそうなるのか? という理由を理解することは他の現象を理解する助けにもなるかと思います。

    どちらもケース容積は殆んど同等で、なおかつ燃焼効率の顕著な差に繋がりそうなケース形状の違いは見受けられない(元は同じケースの口を拡げたものなので) そこにきて断面積・抵抗は2割増(口径1割増の2乗)

    ついでながら、308Win派生装弾のなかでは、
    7㎜08(28)とか260Rとか243Wとか口径の小さい方が308よりも弾道係数が優れて弾道が伸びる というのは衆目の一致するところと思います。
    「308よりも口径小さいほうが弾道が良い」 というのと、「308よりも338のほうが弾道が良い」 というのは逆の現象であり、何らか特別な理由が無い限り両方同時には成り立ちえない と思うのですが。
    それはどういう理由なのでしょうか。

    338フェデラルから338ラプアに話を変えます。
    あれは巨大なケースから弾道係数の優れる長くて重い弾頭を高初速で発射する段違いの装弾で、遠射性能は300WinMagにも優ります。

    しかし、これも最高ではないかも知れません。

    米SOCOMは、「先進狙撃ライフル」計画の装弾として、338ラプアとも比較したうえで .300ノルマ を選定したといいます。

    300ノルマの元は御存知の通り338ノルマで、これは338ラプアよりも一回り容量の少ない装弾ですが、にも関わらずそれをネックダウンした300ノルマが遠射性能で338ラプアに全面的に優るというのです。

    これが「.300ラプア」だと更に凄いことになる というのは自明だと思いますが、スロートの焼耗が心配になったのでしょうか。

    #63379

    ポル
    キーマスター

    >こちらもヒマが無限に有るわけではないですし、一例はお示しましたが、ありとあらゆるロードデータを吟味するのも不毛な徒労だと思います。

    比較は相対的なものなので、異なるロードデータで複数パターンを比較検討しなければ意味がないと思いますが、これは私の意見ですので、同意していただきたいとも思いません。

    >個人的には308と338とどちらが優れていてもどっちでもいいし、どのみち国内では500メートルとか撃つチャンスは無いので、どうでもいいですが。

    私も同意見です。

    私は自分の意見を通したり議論するつもりはありませんし、検証や分析する時間もないので、ご自分の信じる解釈をされれば良いと思います。

7件の投稿を表示中 - 1 - 7件目 (全7件中)

トピック「遠射性能について質問です。(初速と弾道係数と弾道)」への新規返信追加は締め切られています。