スポンサーリンク

腱鞘炎にならない撃ち方について

ホーム フォーラム 実銃掲示板 腱鞘炎にならない撃ち方について

このトピックには1件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。4 週間、 1 日前 ポル さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #67850返信

    赤燐

    海外のシューティングマッチなどで入賞する方のほとんどが腱鞘炎を経験しているそうですが、撃つ量やファクトリーロード、ハンドロードなどの違いはあるでしょうがどのような撃ち方をしても腱鞘炎になるものなのでしょうか?ならない撃ち方は無いと思った方がいいでしょうか?

    #67856返信

    ポル
    キーマスター

    腱鞘炎は反復運動によって起こるため短時間に弾薬を大量消費するような撃ち方はしない方が良いかもしれません。

    とはいえプロのシューターにとってトレーニングは必要ですから、射撃の途中でこまめに休憩を挟んで手や指をストレッチするなど、根本的に反復運動を減らす方策が必要と思われます。

    指に負担を掛けないという点では、トリガープルを軽くする、トリガーの移動距離を短くする、グリップを調整し自分の手の大きさにあったトリガーリーチに適合させるなど、自分にとって無理無くトリガーを引ける状態を作る必要があるかもしれません。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 腱鞘炎にならない撃ち方について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました