ベレッタM93Rの初期のモデルの露出が少ないのは何故?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 ベレッタM93Rの初期のモデルの露出が少ないのは何故?

このトピックには1件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。1 ヶ月、 1 週前ポル ポル さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #72819返信

    関口卓磨

    以前、回答して頂いたベレッタM93Rの大型コンペイセイターを備えた初期(?)のモデルについてなのですが、僕が初めて本銃を知ったのはYouTubeに上がっていたある動画が切っ掛けで、知った当初はM93Rと言えばあのモデルだと思っていました。しかし、その後色々な資料を見てもその動画以外でそのモデルについては画像はおろか、概要すら載っておらず、載っていたのは決まって延長されたバレルに直接設けられたポートタイプのマズルブレーキを備えたモデルでした。これだけ露出と言いますか、認知度が少ないのは、何故なのでしょうか?生産期間が短かったからでしょうか?

    #72832返信
    ポル
    ポル
    キーマスター

    93Rでは純正大型コンペンセイターの装着はかなりレアな存在です。

    プロトタイプではマガジンキャッチの場所が異なる3種類の93Rが製造されましたが、このとき既に6つのスリットがあるポーテッドバレルが備わっていました。

    当時ベレッタ社はベレッタ92や84でもコンペンセイターを利用しており、93Rの開発段階でコンペンセイター付きや、ポート無しのロングバレルも試されていましたが、最終的に採用から外れています。

    93Rが完成した後にコンペンセイター付でセールスされたのか詳しい経緯は不明ですが、いずれにしても大型コンペンセイターは殆ど利用されなかったようです。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: ベレッタM93Rの初期のモデルの露出が少ないのは何故?
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました