スポンサーリンク

フラッシュハイダーの形状

ホーム フォーラム 実銃掲示板 フラッシュハイダーの形状

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。3 ヶ月前 himetama214 さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #68064返信

    himetama214

    A1以降のM16シリーズのハイダーはバードケージ型でしたが、最近のタクティカルカスタムでは初期M16ような先割れタイプ(三又または四又)に回帰しています。
    バードケージ型は草木に引っかかりにくいと言われますが、射撃性能的にはバードケージと先割れで形状の違いがどのように現れますか。また、なぜ先割れに回帰したのでしょうか。

    先割れ型はバードケージより消炎性能が高い一方で、反動抑制に劣るなどという噂を聞きましたが…

    #68070返信
    ポル
    ポル
    キーマスター

    形状や大きさなどデザインが様々存在するため、どちらの形状が優れているとは一概に言えませんが、ご指摘の通り草木の多い場所ではバードケージの方が優れています。

    しかし、砂漠や草木の少ない山岳地などではそのメリットをあまり活かせません。

    射撃性能や反動抑制性能についても、これは個々のモデルの性能によるため、バードケージと先割れのどちらが良いとは言えませんが、相対的にガス放出部の全長が長く、スリット部が螺旋のように捻じって切られているモデルはガスを分散させやすいため、効果が高いとも言われています。

    また、先割れ形状を利用したワイヤーカッター機能やグラスブレイカー機能を有するモデルも存在しますが、これはバードケージタイプにも存在します。

    #68077返信

    himetama214

    結局は個々の性能なんですね…

    回答ありがとうございました!

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: フラッシュハイダーの形状
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました