Advertisements

ハードボーラーとはどんなピストル?

faq_qコルトの製作した名銃M1911――ガバメント。

猿顔の怪盗のライバルの銭形警部の愛銃でも有名で、私もかなり前から存在は知っておりました。

しかし、このHPで紹介されているモデルガン“ハードボーラー”は名前こそ聞いた事がありましたが、ガバメントの一種だとは知りませんでした。

そこで質問です。

“ハードボーラー”の実銃は存在しますか?

また、ガバメントを元にした銃はどのくらい存在しますか?

 

faq_aハードボーラー(AMT Hardballer)は実在します。

 

Photo via pinterest.jp

この銃は、.44オートマグで有名なAMT社(Arcadia Machine & Tools Inc.)が、1977年に発表したステンレス・スチール製のオートピストルです。1985年公開の映画「ターミネーター」でハードボーラーのロングスライド・バージョンが登場したことでも有名ですが、ハードボーラーは映画に登場したような攻撃的なイメージのあるコンバット・オートではなく、競技用のスポーツ・ピストルとして登場しました。そのため、アジャスタブル・サイトや、コンバット・セイフティ・キャッチ、延長されたスライド・キャッチ(スライド・ストップ)、ワイド・アジャスタブル・トリガー、大型化されたマガジン・ウェル、カートリッジ・インディケーターを装備しており、この点がガバメント・モデルとは大きく違います。

ちなみに、当サイトで掲載したモデルガンのハードボーラーは、ロングスライド・モデル(7インチバレル)です。また、スタンダードなハードボーラーは、ガバメント・モデルと同サイズの5インチバレルを装備します。

AMT社のルーツを辿ると過去に何度も社名を変えているため混乱しやすいので要注意です。

AMT社のはじまりは、米国カリフォルニア州の小さなガンショップから始まりました。そのガンショップを経営するハリー・W・サンフォード(Harry W Sanford)は、1965~1969年にかけて有名な.44オートマグを開発し発表。

そして1971年にはいわゆる、パサデナ・オートマグを発表しましたが、1972年5月に会社は倒産。AMC社の株や工業機器はトーマス石油会社が買い取り、社名をTDE社(Trust Deed Estate Corporation)とし、カリフォルニア州ノースハリウッドで、これまで生産していた銃とそのパーツの販売を受け継ぎました。

そしてコレクターで弾薬製造会社(Super Vel Corp)を経営する、リー・E・ジャラス(Lee E Jurras)はハリーサンフォードと協力して数多くのオートマグのカスタム・モデル(LEJ モデル)を手がけ、オートマグを製造しつづけました。その後、1989年にIAI(Irwindale Arms Inc.)と社名を変更。しかし、IAI社で製造された銃もAMTの名前(ブランド)を使用されました。

1990年代後半にはガレーナ社(Galena Industries Inc.)が製造し現在に至ります。AMTハードボーラーと同様にガレーナ・ハードボーラーが存在するのは、このような理由からです。(ガレーナ社製ハードボーラーも、スライドの刻印はAMTとなっています) そして現在はガレーナ社は倒産状態にあるようです。

ガバメントモデルを元にした銃の正確な数は分かりませんが、少なくとも60社以上がコピーを製造し、そのバリエーション数は数百~千種類近くになります。

ちなみに、AMT社も同様にM1911A1のコピーをロストワックス製法によるステンレス・スチールで製造しました。ハードボーラー、ハードボーラーⅡ、AMTガバメント、IAIジャベリナ 10mmオート(Javelina)がそれにあたります。

また、ハードボーラーより1インチ短いコンパクト・モデル、AMTスキッパー(Skipper)もハードボーラーの仲間で、1980~1984年に製造されました。