Advertisements

オートマグに作動不良が多い理由とは?

faq_q44オートマグは別名「オートジャム」と呼ばれるほどに作動不良が起きやすいと聞いたのですが(3発に1発はジャムるとか……)、何故、そのような欠陥銃になってしまっ たのでしょうか?

 

faq_aAMT オートマグⅠ(AMT AutoMag 180)はハリー・W・サンフォードによって1965~1969年に開発され、1970年にオートマグの名で誕生した.44AMP弾を使用するオートマチック・ピストルです。

 

Photo via thenewautomag.com

ステンレスを素材とするオート・ピストルで、閉鎖方式はショートリコイルによるロータリー・ボルト・ロッキング・システムを採用しました。

オートマグ専用弾である強力な.44AMPを使用し、重さ240gr(15.6g)の弾頭を使用した.44AMPでは約1,755fps(毎秒535m)の初速を出します。
(口径バリエーションには、.44AMPの他に.357AMPが存在し、カスタム・モデルでは、.22AMP .25AMP .30AMPなどあります)

開発当時、ステンレス素材の加工技術は現在より難しく精度を上げられない問題がありました。

また、マガジンの完成度が低く、弾がスムーズに薬室へ送られない問題がありました。

この完成されない工作精度とマガジンがジャム(回転不良)の原因となっています。

 

Photo via AUTOMAG.INC

 

ロータリー・ボルト・ロッキングはM16などで使用されていることで有名ですが、このシステムはライフルなどに使用されていたものの、ハンドガンへの転用は非常に珍しいものでした。

現在ではマグナム・リサーチ社のデザート・イーグルを初めとする.44マグナム弾を使用するオート・マチック・ハンドガンは多く存在しますが、当時は世界初の試みです。

同時にリムレスの.44AMPというオートマグ専用弾は市場に流通せず、殆どのオーナーはライフル弾カートリッジ(30-06など)を切りつめて使用しました。

こうした初めての試みから生まれた確立しないシステムによって回転不良が多発しやすく、オートジャムというありがたくない名を付けられるまでに至っています。

しかしながら、その美しいフォルムから、現在でも多くのオートマグ・ファンが存在しています。

オートマグの詳細については、記事「オートマグの歴史と刻印」をご覧ください。