Advertisements

ヤティ・マティックとはどんな銃?

faq_q映画コブラでのシルベスター・スタローンが撃ってたマシンガンは、なんですか?

 

faq_aフィンランドのヤティ・マティック(Jati-Matic)というサブマシンガン(以下:SMG)です。

Photo via topwar.ru

映画「コブラ」や「若き勇者たち 原題:RedDawn」で有名になり、日本ではWA社が同モデルのトイガンを製品化したことでも知られています。

プレス加工を多用した9x19mm弾を使用するこのSMGは、通常は水平に移動するボルトが斜め上方向へと移動する珍しいシステムを導入しています。これによりグリップをバレルの高さまで持ってくることができ、マズルジャンプを低く抑えることに成功しました。

ストックを装備しないSMGなので、コントロールのしやすさは重要な点です。

また、トリガーは半分引くとセミオート、最後まで引ききるとフルオートという、ステアーAUG等と同様のシステムを備えています。

フォアグリップはコッキング・ハンドルを兼ねており、使用するダブルカラム・マガジンはカールグスタフSMGのマガジンと互換性があるなど、操作性、汎用性の高いSMGです。

しかしながら、1980年代に登場した同モデルは買い手が付かず、1993年から中国系メーカーで扱われたものの直ぐに立ち消え、1995年になって、フィンランドのゴールデン・ガン社がGG-95 PDWの名で製造しました。

レシーバーに対してバレルが上を向いているなど、扱いに慣れが必要なSMGであり、いわゆる”失敗作”であったのは事実です。