スポンサーリンク
スポンサーリンク

続 EOTech 552.A65 HWS

2006_1214eotech_nv1
ブログを見て下さった方から、「NVモードのレティクルはCCDを通すと見えると思います。」とメールを頂きました。ありがとうございます。では早速実験!

まずはビデオカメラの通常モードと、アクティブ方式赤外線ナイトショットモードの両方でトライ。

しかし、結果はレティクル視認できず。

(因みにホロサイトはパッシブシステム採用)

 

2006_1214eotech_nv2

続いて試しにコンデジでもトライ。

しかし、結果は同じく視認できませんでした。

一般のカメラのCCDイメージセンサーで、TVのリモコンなどの送信部に使用される不可視の赤外線をキャッチできるのは皆さんご存じの通り。

しかし、ホロサイトのNVモードで使われるような極微量の赤外線を可視できるのは、赤外線増幅機能を持つナイトビジョンだからこそということですね・・・。

 

2006_1214eotech_nv3

これは通常モードのレティクル。撮り直しました。

EOTech 550シリーズでは、通常モードで20段階、NVモードで10段階の照度調整が可能です。

 

2006_1214eotech_nv4

ナイトビジョン越しだとこんな風に見えるハズ・・・。

光学機器
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

この記事をシェアする
HB-PLAZAをフォローする
HB-PLAZA
タイトルとURLをコピーしました