WAコマンダー

前回、WAのコマンダーの塗装に失敗した記事を書きましたが、またやり直しました。

 

DSC_6663
 

全体的に傷がある銃なので面倒な修正は省略。

金属パーツ類はどれも腐食が進んでいたので、あとで交換しようと思います。

 

DSC_6654

 



雑なフィニッシュなものの、こんな感じでダメージ風味のある実銃の1911を見たことがあるので、ある意味リアルかもしれません。

 

DSC_6649

 

組み立て途中でディスコネスプリングが飛んで紛失というアクシデントに遭いました。壊れた電気シェーバーを分解して類似のスプリングを代替として使用したところ、驚くほど快調に作動するから笑えます。

 

DSC_6656

 

シアーとハンマーの結合部分がボロボロで一部欠けている状態なので、トリガーを引いてもハンマーが落ちにくいことがあります。

実銃では殆どあり得ないことですが。

 

DSC_6672

 

表面が凸凹なのは、スプレーの吹き付け距離が近かったから。(だと思う)

今回は30cmぐらいで吹きましたが、50cm以上離した方が良さそうですね。

 




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)