散弾とショットシェル

00buck001

このページでは散弾とショットシェルについて触れます。

 

 

ショットガンの口径

  • ショットガンのメジャーな口径は、10、12、16、20、24、28ゲージと、.410口径があります。
  • 口径の単位の呼び方は、12番、12番ゲージ、12ゲージと呼ばれます。
  • 散弾の弾の大きさは1号、2号、または、ナンバー1(NO.1,#1)、ナンバー2(NO.2, #2)と呼ばれます。
ゲージ(番)口径(inch)口径(mm)
100.77519.685
120.72918.5166
160.66216.8148
200.61515.621
240.57914.7066
280.55013.97
320.52613.3604
360.50612.8524
670.41010.414

歴史的にショットガンの口径の表示方法は英国から始まり、弾の重量表示になっています。例えば、口径が12ゲージの場合、バレル(銃身)の口径(18.5mm)と同じ直径の弾(18.5mm)の重量が1ポンド(453.6グラム)に達するには弾が12個必要なので、このバレルの口径は12ゲージとなります。つまり、1ポンド分の弾の数が口径を表しています。バレルの口径が大きければ弾の個数が少なくなるのでゲージは小さくなり、逆に口径が小さくなればゲージは大きくなります。

言い方を変えれば、重さ1/12ポンドの弾の直径が12ゲージ、重さ1/10ポンドの弾の直径が10ゲージです。

しかし、.410という口径はこれとは異なり、インチ表示で口径が0.410インチとなります。.410口径はゲージ換算で67ゲージですが、一般的に67ゲージとは呼ばれません。

 

 

ショットガンの散弾の直径

  • ショットガンの弾薬はショットシェル(SHOTSHELL)と呼ばれ、中に入っている弾丸(散弾)をショット(Shot)、またはペレット(Pellet)と呼びます。
  • バックショットは鹿撃ちなどのハンティングで使用され、ショットは鳥撃ちやクレー射撃などで使用されます。
    語源は、鹿(Buck)をショット(Shot)で撃つのでバックショット(Buckshot)と呼ばれるようになりました。
    バックショットより粒の小さなショットは歴史的に鳥撃ち専用だったことからバードショットと呼ばれますが、単にショットとも呼ばれます。
  • 対人用には主に000(トリプル・オー・バック)や00(ダブル・オー・バック)が使用されます。
  • ショットの材質は鉛がメジャーですが、最近は環境にやさしいスチールやタングステン、タングステン・ポリマー等が使用されている弾もあります。
  • 規格はアメリカ、イギリス、ドイツでそれぞれ異なります。
バックショット
サイズ(号)0000001234
LGSGSpcl LGSSG
Posten IIPosten IIIosten I
直径(inch)0.360.330.320.300.270.250.24
直径(mm)9.148.388.137.626.866.356.10

 

バードショット
サイズ(号)FFFTTTBBBBB12345
AAABB134
5/01345
直径(inch)0.230.220.210.200.190.180.1750.160.150.140.130.12
直径(mm)5.85.595.35.084.834.574.454.063.813.563.303.05

 

バードショット
サイズ(号)677.588.59101112Dust
56789
6789
直径(inch)0.110.100.0950.090.0850.080.070.060.050.04
直径(mm)2.792.542.412.292.162.031.81.51.31.0

日本のエアガンでBB弾といえば直径6mmが主流ですが、元々はこの表にある通りBBのサイズは4.57mm(0.177インチ)でした。しかし、アメリカのエアガンメーカー、デイジー 社がショットガン用散弾と区別するため、1900年頃に規格を4.5mm(0.175インチ)に変更し、アメリカではエアガン用BB弾と言えば現在でも0.175インチが広く流通しています(一部で0.177インチも使用されています)。アメリカではこの他にも異なる直径の弾が流通しており、そのうちの一つである6mm規格のエアガンが日本に輸入され、日本のBB弾は直径6mmとして定着しました。

 

 

スラグ (Slug)

  • 散弾ではない一発弾。ライフルド・スラグ、ブレネキ、サボ、ハイブリッド・サボ、フォスター、パーティション、ハイドラショック、ソリッド・カッパー・・・etc,様々な種類が存在します。
  • ショットシェルの中で最も強力な破壊力と貫通力と飛距離を持つ弾です。
  • 木造の壁、木製ドア、自動車のドア、コンクリートブロック、レンガ塀などを貫通でき、狩猟では熊やイノシシなど大型の獲物に使用されます。
  • 散弾のように広範囲に拡散しないため、ライフルと似た使い方をされます。
  • ホームディフェンス用としては強力すぎますが、ホームディフェンス専用スラグも存在します。
ショットゲージチャンバー長弾の材質弾の数弾のタイプ弾の重量 ozMEMVV

25yd

v

50yd

v

75yd

スラグ122-3/41サボ1182113501122988941
31フォスター13010176013101040904

※ME(マズルエナジー)は、弾の持つエナジー量(フィートポンド)の値です。MV(マズルベロシティー)は、弾の初速を「フィート/秒」で表しています。

 

 

バックショット (Buckshot)

  • 対人や中型の獲物に使用される散弾。
  • 12ゲージでは約270~400メートル以下で人間の皮膚を貫通できます。
  • 射程距離はスラグとバードショットの中間に位置します。
  • 対人用として20~30メートル以下で有効ですが、住宅の壁を数枚分貫通できるのでホームディフェンス目的での使用は二次被害に要注意です。
ショットゲージチャンバー長散弾の材質散弾の数散弾のサイズMEMVV

20yd

v

30yd

v

40yd

v

50yd

v

60yd

v

70yd

バックショット122-3/4900151.0911351003941899854812774
31500175.01122110701008952902857815
3-1/2カッパー・プレーテッド1800144.391109983930882839799762

 

 

バードショット (Birdshot)

  • 大量の小さな粒の散弾。一つのショットシェルに数十から数百個の弾が入っており、鳥撃ちやクレー射撃でポピュラーです。
  • 貫通力が低く、飛距離も比較的短い特徴があります。
  • 約120~160メートル以下で人間の皮膚を貫通できます。
  • 貫通力が低く近距離での殺傷力が高いため、ホームディフェンス用にも適しています。
ショットゲージチャンバー長散弾の材質散弾の数散弾のサイズ散弾の重量 ozMEMVV

20yd

v

30yd

v

40yd

v

50yd

v

60yd

v

70yd

バードショット1231742217.031243945842757686624571
3-1/230442-1/410.791227901794706633570515
2-3/4スチール81BB1-1/827.171420998868765681610549

併せて基礎知識の弾の初速とエナジーもご覧ください。以上の表は目安となる一例です。チャンバー長の単位はインチ。散弾の重量の単位はオンスです。(1オンス = 28.3495231グラム)

 

 

 

チョーク (CHOKE)

  • ショットガンで散弾を撃つと散弾が放射状に広がって飛びます。距離が離れるほど大きく広がるため、ターゲットが位置する場所で適度にショットが集中するように調整する必要がでてきます。そこで、チョークと呼ばれる筒状の絞りを銃口から装着してショットの広がる範囲をコントロールします。(元からチョークが備わっているバレルも存在します)
  • チョークは円筒形をしており、銃口に向かうにつれて内径が絞られ徐々に狭くなっています。チョークはそれぞれ絞りの角度と、どの程度絞られているかが異なるので、使用するショットシェルと想定するターゲットまでの距離を勘案して選択されます。
  • チョークは、シリンダースキートインプルーブド・シリンダーライト・モディファイドモディファイドインプルード・モディファイドライト・フルフルエクストラ・フルスーパー・フルなどの種類があり、フルに近づくにつれてより狭く絞られています。その効果は、例えば、銃口から約20メートル地点ではシリンダー・チョークだと直径1メートルぐらいに広がりますが、フル・チョークだと直径50センチぐらいに広がります。
  • 軍用やホーム・ディフェンスなど近距離戦闘を想定する場合は、ショットが拡散する方が好ましいのでチョークを使用しません。
  • 以下の表では、各距離において30インチの円に命中するショットの総数の割合を表しています。
    例えば、スキート・チョークで40ヤード先のターゲットを撃つと、散弾の50%が直径30インチの円に命中します。(1ヤード = 0.9144メートル)
チョーク絞り幅
(inch)
直径30インチ(76.2cm)の円に集弾するショット総数割合
(距離の単位:ヤード)
20yd25yd30yd35yd40yd45yd50yd55yd60yd
シリンダーシリンダー080%69%60%49%40%33%27%22%18%
スキートインプルーブドシリンダー0.00592%82%72%60%50%41%33%27%22%
インプルーブドシリンダー1/40.011100%87%77%65%55%46%38%30%25%
モディファイド1/20.020100%94%83%71%60%50%41%33%27%
インプルーブドモディファイド3/40.027100%100%91%77%65%55%46%37%30%
フルフル0.036100%100%100%84%70%59%49%40%32%

 

チョーク絞り幅
(inch)
広がった散弾の直径
(距離の単位:ヤード)
10yd15yd20yd25yd30yd35yd40yd
シリンダーシリンダー051cm66cm81cm97cm112cm130cm147cm
スキートインプルーブドシリンダー0.00538cm51cm66cm81cm97cm112cm130cm
インプルーブドシリンダー1/40.01133cm46cm58cm74cm89cm104cm122cm
モディファイド1/20.02030cm41cm53cm66cm81cm97cm114cm
インプルーブドモディファイド3/40.02725cm36cm46cm58cm74cm89cm107cm
フルフル0.03623cm31cm41cm53cm69cm89cm102cm

 チョークを使用しない場合よりも更に大きなショットパターンを得るには?

広範囲に渡るショットパターンはターゲットに命中するショット数が減るため、ショットガンにとってデメリットであるのが一般的です。しかし、仮に10メートルといった近距離で人間大のターゲットに散弾を命中させたい場合があったとしたら、バックショットとライフルド・バレル(ライフリングのある銃身)を使用すると良いでしょう。発射時にワッド(ワッズ)がライフリングによって回転し、遠心力で広いパターンが得られます。あまり現実的ではありませんが、バードショットを使用すれば蛇など害獣駆除用のスネークショットとしても代用できそうです。

 

 

散弾の数と重量

  • バードショットには多くの散弾が使用されており、散弾の粒の直径が小さいほどシェルの中に多量に含まれています。
  • 実際にどれぐらいのショットがシェルに入るかは、シェルの長さやワッドの大きさなどにより異なります。
散弾(鉛玉)の重量別平均散弾数
散弾の重量ショットサイズ(号)
BB2345677.588.59
グラムオンス
14.171/22543556785112150175205249292
19.4911/16346093117155241282342402
21.253/4376582101127169224262307373439
24.87/8447696118149197262306359435512
28.3515087109135170225299350410497585
31.891-1/85698123152191253336394461559658
35.441-1/462109136169212281374437512621731
38.981-3/869120150186234309411481564683804
42.521-1/275130164202255337449525615745877
46.061-5/881141177219276366486569666808951
49.611-3/41281541912383013905236047168701024
53.151-7/8941632042533194225616567699321097
56.7021001742182703404505987008209941170
63.782-1/411219630438250678792211181316

 

以上の数値は使用する弾の条件により実際の結果とは異なる場合があります。

00buckshot50yd

私が50ヤードから00バックショットをチョークなしで複数回発射した結果。

Remington M870で7発ぐらいだったと思います。

中央の黒丸は直径20cmです。


 
 
 
 
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ