スプリングフィールドXDピストルの構造

YoutubeチャンネルのFirearmsGuide.comが、スプリングフィールドアーモリーXDピストルの内部構造と作動の様子を表したCG動画を公開したので、ご紹介したいと思います。

 

発射

 

スライドを引いてチャンバーに弾を装填し、トリガーを引いて撃発します。

スライドが後退するとバレルもわずかに後退。

銃口は少し上へ向いていますが、その理由は次の動画が分かりやすいでしょう。

 

 

内部構造 右側

 

Photo via FirearmsGuide.com
Photo via FirearmsGuide.com

スライドが閉鎖状態にあるとき、バレルはスライドに咬み合ってロックされています。

 

Photo via FirearmsGuide.com
Photo via FirearmsGuide.com

そしてスライドが後退すると、バレル後部が下へ落ち込むことでスライドとバレルのロックが解除されます。

 



Photo via FirearmsGuide.com
Photo via FirearmsGuide.com

スライドを引いてチャンバーに弾が装填され、グリップ後方のグリップセイフティが押されてセイフティが解除されます。

トリガーを引くとトリガーに連結されたトリガーバーを通じてシアーがストライカーを解放し撃発に至ります。

グリップセイフティの隣に見えるブロックはシアーで、その手前にストライカー・セイフティ・レバーが見えています。

 

 

内部構造 斜め後ろから

 

Photo via FirearmsGuide.com
Photo via FirearmsGuide.com

スライドを引いた際とトリガーを引いた際にスライド内で上下に動くパーツはストライカーセイフティです。

ストライカー(撃針)はストライカーセイフティが持ち上がった時だけ移動可能となります。

つまり、トリガーを引かない限り撃発しない構造で、落下など外部からの衝撃による暴発を防いでいます。

 

 

分解

 

スライドを引いてディスアッセンブリー・レバーを90度右回転させるとスライドを引き抜くことができます。

動画の35秒までは工具不要の通常分解(フィールドストリッピング)で、それ以降の精密分解には工具が必要です。

 

 

組み立て

 

組み立ては分解の逆の手順で行います。

シンプルなストライカー方式ピストルなので、部品点数も少なめです。

 

 

おまけ

 

自動的に組み立てられるAR15です。

こんなライフルがあったら欲しいですね。

 

 

 




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)