火薬の汚れ

041504_custom001久しぶりのシューティングとなった。Kimberを手に入れて初のシューティングということで、予めガン・ショーで購入し用意したロシア製ウルフ.45ACP弾を500発用意。しかし、実際に射撃したのは200発・・・。今回は、狙って撃つことより、キンバー・カスタムⅡに慣れようと、感覚を楽しむことに重点を起いた。

4丁用ガンケースに、スターム・ルガーMkⅡ、ベレッタ92FS、キンバー・カスタムⅡの3丁を入れ、別に9mmParaを200発、.22LR弾を500発、.45ACP弾を200発をリュックに詰めて持ち運んだ。

・・・が、これら全てまとめると、かなりの重量となる。「銃って重い~」とつくづく感じる。日本でサバゲーに出かけていた頃は、銃とBB弾、装備品を全てバッグに詰めても、それほど重いとは感じなかった。しかし、実銃の場合は弾の重みがかなりの重量になる。

041504_custom002さて、シューティング・レンジは、いつもと同じく25ヤードで射撃した。銃を取り出し、箱から.45ACP弾を出してマガジンに込めていく。マガジンを銃に叩き込み、スライドを引くと、ジャキ!ジャッ!と小気味いい音を立ててくれる。そして、ターゲットに向かってトリガーを絞ると、シャープなトリガー・プルでドン!という銃声と強いリコイルと共に、ターゲットに弾頭が命中する、パシッ!という音が聞こえた。



一発目の弾は、見事にど真ん中に命中。いわゆるマグレというやつ。その後、慎重に狙って1マガジン撃ちこんだが、15cm以内に収まるまずまずのグルーピングだ。 銃を手に入れて最初のうちは誰でも当たらないものだろう。

041504_custom003ベレッタ92FSを購入した直後は全くターゲットを狙えず、あさっての方向や地球を撃っている状態だった。今では、ベレッタ92FSのトリガーに慣れてきたため、キンバー・カスタムⅡと同等のグルーピングが出せるようになった。・・・ということは、キンバー・カスタムⅡも、慣れてしまえば更に集弾を期待できそうだ。まだまだ、この銃の実力を知るには時間と慣れが必要かもしれない。

因みに、スターム・ルガーMkⅡは、集弾が抜群すぎて比較にならない。トリガーが素直で、リコイルも殆ど無いため初心者でもかなりのグルーピングが期待できる素晴らしい銃だ。

041504_custom004さて、キンバー・カスタムⅡの射撃結果については、また次回に触れるとして、今回は射撃後の汚れ具合の写真を公開した。

左の写真を見ても分かるとおり、射撃後は火薬の汚れでマズル付近や、チェンバー周り、マガジンなど、周囲がかなり汚れている。チェンバー外部も、スライド内側と擦り合うことで火薬カスとガン・オイルが混ざって黒い汚れとなって目立つ。

キンバー・カスタムⅡはバレルやリコイル・スプリング・プラグ、リコイル・スプリング・ガイド・ロッドがステンレス・シルバーのため、このように目立ってしまうのだ。ブルー・モデルのベレッタ92FSやスターム・ルガーMkⅡでは、ここまで分かりやすく汚れているとは気が付かない。




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)