アメリカからAK用弾薬が消えるかもしれない?

タクティカル・リスポンスのジェームス・イェーガー氏は、「今のうちに7.62x39mmや5.45x39mmを買っておけ」と推奨しています。その理由は、ウクライナ問題で「ロシア発アメリカ行きの弾薬を積んだ貨物船が現在出航していない(輸出停止した)」という情報が根拠となっているようです。

 

 

Shtfplan.comは福島原発事故でヨウ素が便乗値上げされた例や、銃乱射事件で弾薬価格が上昇しパニックになった例をあげ、ジェームス・イェーガー氏同様この問題を結果的に煽っています。「プライベートで米国のロシア製弾薬配給元から全ての弾薬の輸出が止まったという情報を得た」としていますが、具体的に誰の言葉なのか明らかにしていないので、情報の信憑性に疑わしいところがあります。

一方、The Bang Switchは、「おまえら落ち着け」という内容の記事を書いています。ロシア製弾薬を供給するWOLFに問い合わせたところ、そういった輸出停止の情報はないし、これらの弾薬はロシアのみで製造しているわけではなく、ドイツ、台湾、セルビアでも製造しているとしてパニックへの自制を呼びかけています。

アメリカは2年間の弾薬不足パニックを経験し、最近になってようやく回復したところだったのに、今回の問題でまた弾薬不足パニックが起こりそうな雰囲気が見え隠れしています。既に値上げしているところもあるようですが、今後の情勢が気になります。

 

追記:3月13日

弾薬輸出が港で止められている模様。

BREAKING  Russian Ammunition Being Held Up In Port (Update) – The Firearm Blog



 

A Run On Ammunition Has Begun: “Russia Has Reportedly Halted All Exports To The US Of Russian Made Ammunition”

Is the x39 world coming to an end?    The Bang Switch
http://www.thebangswitch.com/is-the-x39-world-coming-to-an-end/

 




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)