人気リボルバーランキング トップ10

前回の記事「人気ピストルランキング トップ10」に続き、今回はリボルバーのベストセラーランキングです。

リボルバーランキング トップ10

Photo via taurususa.com

第1位:トーラス85

S&W Jフレームリボルバーの廉価版的小型リボルバーです。

.38スペシャルを使用。装弾数は5発。

85シリーズはバリエーションが豊富で、スチール製、アルミ合金製、チタン合金製、ポリマー製など、モデルによってフレームの材質、重量、価格が異なります。

S&Wレベルのクオリティは期待できませんが、安さがトーラスの魅力であり、店頭価格200~300ドルで購入できます。

Photo via ruger.com

第2位:ルガーLCR

これも口径バリエーションが豊富な小型軽量リボルバーです。

.22LR、.22マグナム、.38スペシャル、.357マグナム、9mmルガー、.327フェデラルマグナムの口径バリエーションがあります。

.327フェデラルマグナムは.357マグナムレベルのパワーを持ちながら小口径化させた弾薬で、.357マグナムが6発入るシリンダーのサイズで7発分確保できるというメリットがあります。

ルガーLCR(ライトウェイト・コンパクト・リボルバー)は、肉抜きされた軽量フルーテッドシリンダー、ポリマートリガーガードなどにより、383g(.38スペシャルモデル)という軽さを実現しています。

Photo via gungenius.com

第3位:キンバーK6s ステンレス

キンバー社初のリボルバーは蓋を開けると好評でした。

以前に記事「キンバーK6S .357マグナムリボルバー」でも触れましたが、.38スペシャル/.357マグナムを使用する小型リボルバーで、ハンマーレスデザインからもコンシールドキャリー用を意識した実用的なモデルです。

「800~1000ドルという価格設定が高すぎる」、「サイトが短く狙いにくい」という不満も聞かれますが、ダブルアクショントリガーでありながらトリガープルの評判も良く、今回は3位の人気です。

Photo via smith-wesson.com

第4位:S&W 629

.44マグナムを使用する息の長い大型リボルバーです。

フルラグバレルを装備した1,267gという重量級ですが、.44マグナムのリコイルを抑えて快適に射撃するには必要な重量です。

ショートバレルモデルは、キャンプや釣りの際に野生動物から身を守るための護身用(トレイルガン)としても利用されますが、コレクションやハンティングを目的として購入するユーザーも多いモデルです。

現在では700~800ドル代から購入できます。

Photo via ruger.com

第5位:ルガー・ブラックホーク

西部開拓時代を彷彿とさせるルックスのシングルアクション・リボルバーです。

新型ブラックホークは旧型と異なる点がいくつか存在します。

コルトではハンマーをハーフコック状態にするとシリンダーが自由に回転し、ローディングゲートを開けてシリンダーを回転させながら弾を装填しますが、この際に誤って指を滑らせるとハンマーが落ちて撃発する恐れがあります。

しかし新型ブラックホークでは、ハンマーを起こさなくてもローディングゲートを開けるだけでシリンダーが自由に回る構造です。

また内蔵安全装置にトランスファーバーが備わっており、トリガーを引いていない状態でハンマーが落ちても、ハンマーがファイアリングピンに接触しない構造となっています。

シリンダーの取り外しには工具が不要ですが、左側からフレームのピンを押し込むとシリンダーが外せるため、メンテナンス性や安全性の高さも人気の理由です。

Photo via ruger.com

第6位:ルガーGP100

ルガーの人気.357マグナムリボルバーが6位でした。

剛性が高い、バランスが良く撃ちやすい、命中精度が高い・・・等、リボルバーに必要な要素が備わっています。

私も所有していたリボルバーですので、詳しくは記事「スターム・ルガーGP-100【前編】」をご覧ください。

Photo via smith-wesson.com

第7位:S&W 642

ステンレスのバレルとシリンダー、そしてアルミ合金フレームで構成された重さ408.2gの軽量リボルバーです。

1952年に登場したモデル42から続く、センチネルシリーズの現代版となります。

.38スペシャルを使用し、内蔵型ハンマーを採用した携帯用に特化された設計です。

Photo via taurususa.com

第8位:トーラス 605

2インチバレルの.357マグナムリボルバーです。

トーラス605はバリエーションが豊富で、チタンモデルやステンレスモデルの他、内蔵型ハンマーのダブルアクションオンリー・モデルや、シングル/ダブルアクション・モデルも用意されています。

クオリティーは高くありませんが、定価が300~500ドル代と安価なため、コストパフォーマンスに優れます。

Photo via sportsmansoutdoorsuperstore.com

第9位:ルガー・ヴァケロ

Vaquero(ヴァケロ/バケーロ)とは、スペイン語で「カウボーイ」を意味しますが、まさにカウボーイシューティングなど、射撃競技でも人気のシングルアクション・リボルバーです。

新型ブラックホークと同じく、トランスファーバーとローディングゲート・インターロックが備わっている安全性の高いリボルバーです。

口径バリエーションは、.357マグナム、.44マグナム、.45コルト、.45ACPがあり、.45コルトモデルは定価829ドルとなっています。

Photo via ruger.com

第10位:ルガー SP101

銃身長2.25~3インチのステンレス製.357マグナムリボルバーです。

装弾数5発の.357マグナムリボルバーであるSP101に.327フェデラルマグナムが追加され、この口径では装弾数6発となっています。(.22LR口径モデルは装弾数8発で銃身長4.2インチ)

GP100と同じく、サイドプレートを使用しないため堅牢で人気があります。

関連記事:.327フェデラルマグナムとはどんな弾ですか?

やはり価格のわりに高性能なスタームルガー社の製品は高い人気がありますし、コストパフォーマンスに優れるトーラスも良く売れているようです。

リボルバーもピストルと同じく、スポーツから護身用まで活躍の場面が多い小型リボルバーが注目される傾向があります。

最後に、ライフルとショットガンの2017年ベストセラーランキング第一位をご紹介します。

セミオート・ライフル 第1位:KEL-TEC Sub-2000

ボルトアクション・ライフル 第1位:ルガー・プレシジョン・ライフル

レバーアクション・ライフル 第1位:マーリン 1895

ポンプアクション・ライフル 第1位:トーラス C45 サンダーボルト

シングルショット・ライフル 第1位:ルガー No.1

セミオート・ショットガン 第1位:ベネリ・スーパー・ブラック・イーグル(SBE) II

ポンプアクション・ショットガン 第1位:モスバーグ 590

シングルショット・ショットガン 第1位:ブローニング BT-99

上下二連ショットガン 第1位:ブローニング・チトリ 725

水平二連ショットガン 第1位:ストーガー・コーチ・ガン


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

フォローする